タイトル

ナンバリングコード B1INF-acdG-1O-Ex1   科目ナンバリングについて
授業科目名 科目区分 時間割 対象年次及び学科
情報リテラシーA   M(2)
Information Literacy A
情報リテラシー 2Q 水4 1~ 全学共通科目 
講義題目 水準・分野 DP・提供部局
対象学生・
特定プログラムとの対応
 
情報リテラシーA Information literacy A
B1INF acdG 1O
担当教員 授業形態 単位数 時間割コード
筒井 邦彦, 野口 修司, 川人 潤子[Tsutsui Kunihiko, Shuji NOGUCHI, Junko KAWAHITO] Ex 1 082402
DP・提供部局  
acdG
 
授業形態  
Ex
 
関連授業科目  
情報リテラシーB
 
履修推奨科目  
 
学習時間  
講義、演習90分×8回(うち第1、2回は第1クォーター開始時の1、2週目)
+自習学習(準備学習30時間+事後学習30時間)
 
授業の概要  
【注意事項】当科目は医学部看護学科生、臨床心理学科生の必修科目です。
【概要】本科目は、香川大学に入学する全学生が早期に身につけるべき情報リテラシーを学習するために1年次生対象に開講される必修科目で、講義とPCを用いた演習を組み合わせた授業です。情報リテラシーとは、コンピュータが使えるというだけではなく、その技術を利用してさまざまな情報を収集・分析し、適切に判断する能力とそれらをモラルに則って活用する能力のことです。入学前に高校の教科「情報」などすでに情報リテラシーを身に付けている学生が少なくないですが、この授業でその内容を点検し、不足している部分を補うことによって、全学生が授業の達成目標をクリアすることを目指します。
 
授業の目的  
現在、コンピュータやネットワーク(IT技術)は、社会の基盤として活用されている。すなわち、簡単な文書作成だけでなく、いろいろな設計情報やデータの整理、報告書の作成をコンピュータで行っている。また、メールやメッセンジャー、Webシステムによって人の間のコミュニケーションにIT技術が用いられている。そこで、IT技術の基礎的な知識や利用方法を習得することを目標とする。
 
到達目標  
1.電子メールの設定、送受信ができる。
2.インターネットや学内機器を利用する際のルールとマナーがわかっている。
3.インターネット上には様々な質の情報があることを踏まえ、情報を適切に検索できる。
4.香川大学付属図書館利用のマナーを理解し、所蔵の図書・雑誌等を検索できる。
5.文書作成ソフトを利用し、図表を含めレイアウトされた文書を作成できる。
6.表計算ソフトを利用して、基本的な計算・集計とグラフの作成ができる。
7.プレゼンテーションソフトを利用して、スライドや配布資料を作成できる。
8.情報セキュリティ、情報モラルについて説明できる。
(全て共通教育スタンダードの「課題解決のための汎用的スキル」(幅広いコミュニケーション能力)、「問題解決・課題探求能力」に対応、2. 8.は「倫理観・社会的責任」に対応)
 
成績評価の方法と基準  
出席・受講状況40%、提出物50%、プレゼンテーション等により、総合的に評価を行う(受講態度がひどい場合、実習室使用規定を守らない場合等は退出を命じることがある)。
 
授業計画・授業及び学習の方法・準備学習及び事後学習のためのアドバイス  
この科目は基本的に対面授業を行います。一部の授業回では遠隔授業を行います。なお状況によっては授業形態を全て対面または遠隔へ変更する可能性があります。
対面の場合,医学部マルチメディア実習室の情報機器を使用します。講義、演習後課題を提出します。
第1回 情報機器操作時の基本的、また倫理的な注意点。香川大学のコンピュータ・ネットワークサービスの概要。
第2回 電子メール(学内メールの設定、転送設定、メールの仕組み等)。
 第1、2回は第1Q(クォーター)の講義開始第1、2週水4限に行う。第3回以降は第2Qに行う。
第3回 Power point(1)Office概要、基本的な入力方法。
第4回 Power point(2)図表の作成、応用的な入力によるスライド作成。
第5回 Power point(3)Webからの情報収集による資料作成。
第6回 Word(1)概要、文字入力を中心とした基本的な入力。
第7回 Word(2)図の挿入、レポートの作成、案内状等の作成。
第8回 Excelの概要、データの打ち込み方、グラフの作成。

【自学自習に関するアドバイス】まずはマルチメディア自習室や自身のPCに触れてほしい。
PC、スマホの検索エンジンを利用したり、図書館PCなどで資料を検索することを積極的に行うことは、当科目で修得した技能を応用する上で大切であり、それ自体が復習となります。
 また学習した内容の応用による資料の検索、Wordによるレポート作成、Excelによるデータの整理・解析、Powerpointによる発表スライドの作成・プレゼンテーション等は全て、当科目の予習・復習となります。(各回4時間、ただしPC等を用いての他科目の資料検索や資料作成の時間を含めていい)
 授業計画を見て自分の苦手な所を把握し、基本的な事柄は事前にPC操作等により予習して理解しておくこと。週を重ねるごとにそれまでに修得したことの応用が必要となるため、わからないまま放置しないこと。
 
教科書・参考書等  
医学部マルチメディア実習室PCはWindows10、Office2019です。
参考文献を含め本の購入の義務はありません。上記に関わる書籍等を参考にされてください。
参考文献 情報トピックス2021 日経BP社(2021年1月に出版予定と思われる)
 
オフィスアワー  
この科目終了後、マルチメディア実習室で。
 
履修上の注意・担当教員からのメッセージ  
入学時に総合情報基盤センターから配布される学生用メールアカウント、ログインパスワードが必要。毎回必ず持参のこと。マルチメディア実習室内は飲食禁である。
 
参照ホームページ  
 
メールアドレス  
 
教員の実務経験との関連  
現在教員の立場で実際にPCを用いて情報収集、文書やプレゼンテーション資料の作成、表計算等を行なっており、基本的な情報スキル、情報モラルを受講生とともに共有したいと考えています。また第1、2回は医学部ネットワーク管理室、図書館に勤務される実務の方からも説明があります。
 
↑ページの先頭へ戻る