タイトル

ナンバリングコード     科目ナンバリングについて
授業科目名 科目区分 時間割 対象年次及び学科
分子細胞生物学特論Ⅰ    
Molecular and Cellular Biology Ⅰ
  1Q 金1   農学研究科 
講義題目 水準・分野 DP・提供部局
対象学生・
特定プログラムとの対応
 
分子細胞生物学特論Ⅰ Molecular and Cellular Biology Ⅰ
  ABXA  
担当教員 授業形態 単位数 時間割コード
田淵 光昭[Tabuchi Mitsuaki] Lx 1 952710
DP・提供部局  
ABXA
 
授業形態  
Lx
 
関連授業科目  
 
履修推奨科目  
 
学習時間  
講義90分 × 8回 + 自学自習(準備学習 15時間 + 事後学習15時間)
Lecutre 90 min x 8 + self-learning (pre-study 15 hrs + post-study 15 hrs)
 
授業の概要  
前世紀末から今世紀はじめにかけて、ヒトゲノム情報の解読、RNA干渉の発見、GFPを用いた生命現象の可視化技術の開発、ES細胞、iPS細胞の開発など、生命科学は爆発的なスピードで発展している。そしてこれら基礎的な知識の蓄積に伴い、各分野を横断するより応用的な生命科学技術もこれまでにないスピードで発展しており、この分野を網羅的に理解することは極めて困難な状況にある。本講義ではこれら生命科学技術について、特に分子細胞生物学をベースとした応用研究に関連する最近のトピックスについて議論したい。
Since the end of last century, life science research field has had explosive advances, such as represented by mapping of human genome, discovery of RNA interference, live cell imaging with fluorescent proteins, and development of ES and iPS cells, etc. Accordingly, it makes difficult for us to make comprehensive understanding of this research field. In this class, we will discuss recent advanced technologies and applications of the molecular cell biology.
 
授業の目的  
受講者は、自分の研究の分子細胞生物学分野における位置づけ、役割を理解し、その分野について知識がない他者にして研究の意義をわかり易く説明できるようになることを目的とします。
This course aims that students will be able to understand the position and role of their research in the field of molecular and cellular biology and to explain the significance of research to others who are unfamiliar with that field in simple words.
 
到達目標  
・英語プレゼンテーションを視聴して、内容を理解し、説明できる。
・分子細胞生物学分野における最新の動向を調べて、自分のことばで説明できる。
・分子細胞生物学分野における自分の研究の位置付けを15分程度の分かり易い言葉で説明できる。
・Students will understand and explain the contents of the English presentation videos of molecular cell biology on the internet.
・Students will investigate current advances and approaches in the study of the molecular cell biology and explain them in words of their own.
・Students will make a chalk-talk presentation about their research in simple words.
 
成績評価の方法と基準  
レポート(50%)およびプレゼンテーション(50%)
Reports (50%) and presentation (50%). Class attendance is required to achieve the objectives of this course.
 
授業計画・授業及び学習の方法・準備学習及び事後学習のためのアドバイス  
【授業計画】
第1回 ガイダンス講義の説明
第2回 最新の研究に関連した英語講演ビデオの視聴
第3回 ゲノム編集技術 その1(ZFNs, TALENs)
第4回 ゲノム編集技術 その2(CRISPR-CAS9)
第5回 次世代シーケンサーを用いたゲノム解析  
第6回 酵母分子細胞生物学 
第7回 チョークトーク(微生物を利用した分子細胞生物学)
第8回 チョークトーク(植物・動物を利用した分子細胞生物学)

【授業及び学習の方法】
第1-2回 事前に最新の研究に関連した英語講演ビデオを視聴した内容について日本語で解説する。
第3−6回 各回の講義でレジュメを配って、各トピックスについて板書により解説する。
第7−8回 各院生が自分の研究もしくは分子細胞生物学に関連した各回の課題について調べて、15分程度で黒板に板書をしながら発表する。

【準備学習及び事後学習のためのアドバイス】
準備学習:次の講義について、インターネット、教科書等を用いて調べる(15時間)。
事後学習:授業で学習した内容について課題を与えるので、インターネット、教科書等を用いて調べてレポートを作成する(15時間)。

【Lecture Plan】
Day1: The course guidance
Day2: The English presentation video of molecular cell biology
Day3: Genome Editing Technology Part I (ZFNs, TALENs)
Day4: Genome Editing Technology Part II (CRISPR-CAS9)
Day5: Genome Analysis using Next-Generation Sequencing
Day6: Molecular Cell Biology of Yeast
Day7: Chalk talk presentation (Molecular cell biology of microbes)
Day8: Chalk talk presentation (Molecular cell biology of plant or mammalian cells)

【Method of taking class and learning】
Day2: In terms of "the English presentation video", students will watch the videos prior to the lecture. The content of the videos will be explained in Japanese and we will discuss about it. Students will hand in the reports about the videos.
Day3-6: Distribute resumes at each lecture, and explain each topic on a board.
Day7-8: In terms of “chalk talk presentation”, students will make a chalk-talk presentation about their research related to prokaryotic or eukaryotic microbes or plant or mammalian cells in approximately 15 min.

【Advice for pre-learning and post-learning】
Pre-learning: Check the next lecture using the Internet and textbooks (15 hours).
Post-learning: students prepare a report about the content learned in the class using the Internet, textbooks, etc. (15 hours).
 
教科書・参考書等  
英語講演ビデオサイト, NIH Videocasting: https://videocast.nih.gov
 
オフィスアワー  
水曜日授業終了後
 
履修上の注意・担当教員からのメッセージ  
特になし。
 
参照ホームページ  
 
メールアドレス  
mtabuchi@ag.kagawa-u.ac.jp
 
予備項目6  
 
予備項目7  
 
予備項目8  
 
↑ページの先頭へ戻る