タイトル

ナンバリングコード     科目ナンバリングについて
授業科目名 科目区分 時間割 対象年次及び学科
希少糖ビジネス特論    
Rare Sugar Business
  4Q 水3   農学研究科 
講義題目 水準・分野 DP・提供部局
対象学生・
特定プログラムとの対応
 
 
  ABDA  
担当教員 授業形態 単位数 時間割コード
秋光 和也, 松岡 久美, 向 渝, 大杉 奉代[Akimitsu Kazuya, Matsuoka Kumi, Xiang Yu, Ohsugi kotoyo] Lx 1 952125
DP・提供部局  
ABDA
 
授業形態  
Lx
 
関連授業科目  
希少糖イノベーション等、希少糖関連科目群
 
履修推奨科目  
 
学習時間  
講義90分 × 8回 + 自学自習
 
授業の概要  
 香川大学の何森教授らは、果物などに含まれる果糖を自然界にはほとんどない希少糖(D-プシコース 等)に変える酵素を発見して、50以上ある希少糖の総てを生産する“イズモリング”と名付けた生産戦略図を構築し、希少糖の生産技術の開発に成功しました。生産が可能になるとともに始まった事業化について、「希少糖」という地方発のイノベーションとその実業化の実際について理解を深める。
 
授業の目的  
 香川で生まれた「希少糖」の開発・研究の背景、諸性質、機能性、産業展開、地域連携 等の中で、特にビジネス展開について経済学部教員とともに、企業、知財関係者等をゲスト講師に招いて講義を行う。理系の研究・技術・開発等の専門職を希望する学生が、実際に企業で研究活動を進めて、イノベーションを実用化していくプロセスを学べる講義である。
 
到達目標  
 「希少糖」という香川で生まれた地方発のイノベーションとその事業化について、ビジネス展開の実際について現在進行形で、産学官の現場の先生方から学び理解を深める。
 
成績評価の方法と基準  
 ミニレポートの合計による。
 
授業計画・授業及び学習の方法・準備学習及び事後学習のためのアドバイス  
(1) ガイダンス(秋光)
(2) 希少糖の生産技術の確立(秋光+ゲスト講師)
(3) 希少糖の用途のマーケティング(秋光+ゲスト講師)
(4) 希少糖の実用化に向けて 1(希少糖の実用化創成期)(秋光+ゲスト講師)
(5) 同上  2(産学官連携による推進)(秋光+ゲスト講師)
(6) 同上  3(ビジネス論とした希少糖実用化展開)(松岡,向,大杉各先生)
(7) 同上  4(希少糖事業の国際展開)(秋光+ゲスト講師)
(8) とりまとめ(秋光)
 
教科書・参考書等  
 各種研究論文、文献。
 
オフィスアワー  
 オフィスアワーは特に設けませんが、質問はメール・訪問等で随時受け付けます。
 
履修上の注意・担当教員からのメッセージ  
 特になし。
 
参照ホームページ  
国際希少糖研究教育機構( http://www.kagawa-u.ac.jp/IIRSRE/
 
メールアドレス  
 
予備項目6  
 
予備項目7  
 
予備項目8  
 
↑ページの先頭へ戻る