タイトル

ナンバリングコード B1INF-acdG-1O-Lx1   科目ナンバリングについて
授業科目名 科目区分 時間割 対象年次及び学科
情報リテラシーA   T(3)
Information Literacy A
情報リテラシー 1Q 水4 1~ 全学共通科目 
講義題目 水準・分野 DP・提供部局
対象学生・
特定プログラムとの対応
 
情報リテラシー Information Literacy
B1INF acdG 1O
担当教員 授業形態 単位数 時間割コード
八重樫 理人, 高木 智彦, 米谷 雄介[Yaegashi Rihito , Takagi Tomohiko, Yusuke Kometani] Lx 1 082503
DP・提供部局  
acdG
 
授業形態  
Lx
 
関連授業科目  
 
履修推奨科目  
 
学習時間  
(講義30分 + 演習60分)× 8回 + 自学自習(準備学習15時間+事後学習15時間)
 
授業の概要  
パーソナルコンピュータ(PC)を活用して情報を収集・発信したり、様々な文書を作成したりする方法について基本的な演習を行う。まず、各自が所有するノート型PCとWindows環境を前提に、香川大学のネットワーク環境を解説し、円滑な講義や演習を可能にする。次に、ワードプロセッサや表計算、プレゼンテーションのソフトウェアなどが利用できることを確認する。さらにWebページの作成方法について学習し、情報リテラシー能力の高度化を図る。
 
授業の目的  
現在、コンピュータやネットワークは、社会の基盤として活用されている。たとえば、データの整理や文書の作成をパーソナルコンピュータで行っているし、日常のコミュニケーションにメールやWebシステムなどが用いられている。本授業では、これらの基礎的な知識や利用方法を習得することを目標とする。
 
到達目標  
(1) Webや電子メール、ファイル共有などを用いた情報交換ができる。(共通教育スタンダードの「課題解決のための汎用的スキル」(幅広いコミュニケーション能力)に対応)
(2) ワードプロセッサや表計算のソフトウェアを用いて文書を作成できる。(共通教育スタンダードの「課題解決のための汎用的スキル」(幅広いコミュニケーション能力)に対応)
(3) プレゼンテーションソフトウェアを用いて資料を作成できる。(共通教育スタンダードの「課題解決のための汎用的スキル」(幅広いコミュニケーション能力)に対応)
(4) 情報モラルやセキュリティについて説明できる。(共通教育スタンダードの「知識・理解」「倫理観・社会的責任」に対応)
 
成績評価の方法と基準  
情報環境に関する知識やその利用法の体得状況などについて、演習課題によって評価する。無断欠席や演習課題の未提出があれば基本的に評価されないので、注意して授業に望むこと。
 
授業計画・授業及び学習の方法・準備学習及び事後学習のためのアドバイス  
【授業の方法】
各自のノートPCを利用した演習を含む講義を行う。

【授業計画】
第1回:授業概要を理解する。そしてノートPCをネットワークに接続し、香川大学の環境に合わせて基本的な設定を行う。
第2回:香川大学のインターネット環境および情報セキュリティポリシーを理解した上で、電子メールや各種サーバの基本的な利用方法について学習する。
第3回:ノートPCの様々な基本的操作を体験し理解する。
第4回:プレゼンテーションソフトウェアの基本的な使用方法を理解する。
第5回:表計算ソフトウェアの基本的な使用方法を理解する。
第6回:ワードプロセッサソフトウェアの基本的な使用方法を理解する。
第7回:HTMLを用いた簡単なWebページを作成する。
第8回:まとめ

【自学自習に関するアドバイス】
タッチタイピングの練習をすること。以下に示すキーワードについて調べること。
第2回:情報セキュリティポリシー、電子メール、FTP、ファイル共有
第3回:フォルダ、ファイル、パス、DOSコマンドプロンプト、エディタ
第4回:プレゼンテーションソフトウェア、図形、スライド
第5回:表計算ソフトウェア、関数、グラフ
第6回:ワードプロセッサソフトウェア、レポート作成、文書の統合
第7回:Webサーバ、ブラウザ、HTML
 
教科書・参考書等  
【教科書】富士通エフ・オー・エム、 "情報リテラシー 総合編<改訂版> Windows 10・Office 2019対応"、 FOM出版
【参考書(購入の義務はありません)】久野靖, 佐藤義弘, 辰己丈夫, 中野由章監修:キーワードで学ぶ最新情報情報トピックス2017, 日経BP社(2017) 1,296円(税込み) ISBN:978-4-8222-92221-8
 
オフィスアワー  
水曜日18時から20時、林町キャンパス1号館10階11012研究室
 
履修上の注意・担当教員からのメッセージ  
ノートPCやLANケーブルなど、演習に必要な機器は忘れず持参すること。無断欠席や演習課題の未提出は成績評価に赤信号となる。やむをえず欠席する場合は必ず連絡すること。
 
参照ホームページ  
 
メールアドレス  
 
教員の実務経験との関連  
 
↑ページの先頭へ戻る