タイトル

ナンバリングコード B1INF-acdG-1O-Lx1   科目ナンバリングについて
授業科目名 科目区分 時間割 対象年次及び学科
情報リテラシーA   L(2)
Information Literacy A
情報リテラシー 1Q 木3 1~ 全学共通科目 
講義題目 水準・分野 DP・提供部局
対象学生・
特定プログラムとの対応
 
教育学部に必要な情報リテラシー Literacy in Information
B1INF acdG 1O
担当教員 授業形態 単位数 時間割コード
黒田 勉[KURODA Tsutomu] Lx 1 082102
DP・提供部局  
acdG
 
授業形態  
Lx
 
関連授業科目  
特に無し
 
履修推奨科目  
特に無し
 
学習時間  
(講義+演習)90分 × 8回 + 自学自習(準備学習 15時間 + 事後学習 15時間)
 
授業の概要  
本講義は,教育学部学生が最低限必要と考えられるコンピュータ・リテラシーの習得を基礎におく.学部学生として,レポート・論文作成に必要なワードプロセッサや表計算の活用のみならず,プレゼンテーションツールの利用法・Webページの作成・登録方法も含めて学習することで,卒業論文作成・発表に必要なスキルを身につける.卒業後も学校教育現場はもとより,ビジネスの分野にも役立つ技術を養っていくものである.
 
授業の目的  
情報化の進む社会や学校教育現場に対応しなければならない現実を踏まえ,社会人・教員に必要な最低限のコンピュータ操作能力,情報の収集・判断能力(情報リテラシー)を身に付ける(共通教育スタンダードの「課題解決のための汎用的スキル」(幅広いコミュニケーション能力)に対応).
 
到達目標  
・コンピュータの基本的な構成と機能を知り,操作ができること
・ワープロソフト、表計算ソフト、プレゼンテーションを用いて,基本的な情報の処理ができること
・マルチメディアの特徴と利用方法を知ること。
・マルチメディアの作成に関して、ソフトウェアを選択して,表現や発信ができること
・インターネットを中心とした情報の伝達方法の特徴と利用方法を知ること
・インターネットにおける情報を収集,判断,処理し,発信ができること。
 
成績評価の方法と基準  
出席状況(学則等で認められた欠席を除く),各種提出物(講義内容により異なるが,原則作成したファイルを所定のディレクトリに収納すること)の内容を基に,受講態度を勘案し総合的に評価を行う.
 
授業計画・授業及び学習の方法・準備学習及び事後学習のためのアドバイス  
学内における情報機器の使用法,及び次年度以降の教育・研究に必要な種々のアプリケーションソフトの基礎的な使用法の説明と実習を行っていく.さらに,自分のWebページを作成し学内での配信を基に,公序良俗に反しない情報発信の方法を身に付ける.

(1) PC教室の使用方法,注意事項の解説,Webブラウジングソフトの使用法
・この時間は事前学習は不要であるが,PC利用の習熟のため事後学習(次時の事前学習を含む)が15時間以上必要

(2) キー入力方法,タッチタイピング練習
・この時間は事前学習は前時の事後学習を含めて15時間以上必要で,習熟のため事後学習が15時間以上必要

(3) 日本語ワードプロセッサソフト 文書作成・整形
・この時間は,アプリケーションソフトの起動,簡単な操作方法並びにアプリケーションソフトの終了方法を事前学習として15時間以上必要,また,習熟のため事後学習が15時間以上必要

(4) 表計算ソフト1  表計算ソフトの使用目的
・この時間は,アプリケーションソフトの起動,簡単な操作方法並びにアプリケーションソフトの終了方法を事前学習として15時間以上必要,また,習熟のため事後学習(次時の事前学習を含む)が15時間以上必要

(5) 表計算ソフト2  成績処理への応用,グラフの作成
・この時間は事前学習は前時の事後学習を含めて15時間以上必要で,習熟のため事後学習(次時の事前学習を含む)が15時間以上必要

(6) データの統合  文書へのグラフ貼り付け
・この時間は事前学習は前時の事後学習を含めて15時間以上必要で,習熟のため事後学習が15時間以上必要

(7) プレゼンテーションソフトの利用
・この時間は,アプリケーションソフトの起動,簡単な操作方法並びにアプリケーションソフトの終了方法を事前学習として15時間以上必要,また,習熟のため事後学習が15時間以上必要

(8) プレゼンテーション実習  ツールを使って各自が発表
・各自のデータ作成を事前学習として15時間以上必要,また,習熟のため事後学習が15時間以上必要
 
教科書・参考書等  
購入の義務はありませんが以下を参考書として指定.

文化系のためのコンピュータリテラシー 太田忠一編,サイエンス社

久野靖, 佐藤義弘, 辰己丈夫, 中野由章監修:キーワードで学ぶ最新情報情報トピックス2016, 日経BP社(2016) 1,296円(税込み) ISBN:978-4-8222-9217-1

その他,各種市販図書も参考にできる.
 
オフィスアワー  
火曜日6コマ 8号館4F,または,1F情報工学実験室

 
履修上の注意・担当教員からのメッセージ  
入学時に学生証と同時に総合情報センターから配布される学生用メールアカウント及びログインパスワードが必要なので,授業開始時には必ず持参すること.
質問等があるときは,事前に kuroda@ed.kagawa-u.ac.jp 宛に連絡されたし.
 
参照ホームページ  
tech.ed.kagawa-u.ac.jp
 
メールアドレス  
kuroda@ed.kagawa-u.ac.jp
 
教員の実務経験との関連  
 
↑ページの先頭へ戻る