タイトル

ナンバリングコード M3INF-ABXT-2O-Lx1   科目ナンバリングについて
授業科目名 科目区分 時間割 対象年次及び学科
システムソフトウェア特論    
Advanced System Software
  前期 金2 1~2 工学研究科博士前期課程信頼性情報システム工学専攻
講義題目 水準・分野 DP・提供部局
対象学生・
特定プログラムとの対応
 
 
M3INF ABXT 2O
担当教員 授業形態 単位数 時間割コード
最所 圭三[Saisho Keizo] Lx 1 942072
DP・提供部局  
ABXT
 
授業形態  
Lx
 
関連授業科目  
コンカレントプログラミング論
 
履修推奨科目  
 
学習時間  
講義90分×8回+自学自習
 
授業の概要  
並列処理と分散処理の相違点、共通点の講述から始まり、並列・分散システムの構成、並列・分散システム上でのプログラムの実行制御、プロセスやスレッド間の同期機構、プロセス間通信、並列・分散ファイルシステムについての順に説明する。
 
授業の目的  
計算機の性能向上のためには並列/分散処理が不可欠である。並列/分散システムのハードウェアアーキテクチャ、オペレーティングシステムおよび並行処理について理解する (DPの「専門知識・理解」に対応) ことを目的としている。
 
到達目標  
達成すべき目標は以下の通りである。
(1) 並列処理と分散処理の相違点と共通点を説明できる。
(2) 代表的な並列/分散システムの構成を説明できる。
(3) 代表的なスケジューリング機構を説明できる。
(4) 同期機構や代表的なプロセス間通信について説明できる。
(5) 並列/分散ファイルシステムについて説明できる。
 
学習・教育到達目標(工学部JABEE基準)  
 
成績評価の方法と基準  
レポートおよび(50%)および小テスト(50%)で評価する。これらの総合評価が60%以上を合格とする。
 
授業計画並びに授業及び学習の方法  
【授業の方法】
講義資料に従い、スライドと板書を用いて説明する。適宜、小テストやレポートを取り入れ、理解を深めるように配慮する。

【授業計画】
第1回:並列/分散システムの概要
第2回:並列/分散システムのシステム構成
第3回:プログラム実行制御
第4回:同期機構
第5回:プロセス間通信機構
第6回:分散および並列ファイルシステム
第7回:プログラム作成技法
第8回:全体のまとめおよび小テスト
 
教科書・参考書等  
【参考書】
電子情報通信レクチャーシリーズ D-14 「並列分散処理 」(コロナ社) 谷口秀夫、2003、ISBN4-339-01874-0
 
オフィスアワー  
金曜日 12:10~13:00およびメールで受けつける。メールアドレスについては授業中に通知する。
 
履修上の注意・担当教員からのメッセージ  
同期機構やプロセス間通信を用いる並列プログラムを作成するコンカレントプログラミング論を受講することが望ましい。
 
参照ホームページ  
https://stwww.eng.kagawa-u.ac.jp/~sai/indexs.html
 
メールアドレス  
sai@eng.kagawa-u.ac.jp
 
↑ページの先頭へ戻る