タイトル

ナンバリングコード     科目ナンバリングについて
授業科目名 科目区分 時間割 対象年次及び学科
特別研究Ⅲ   (材料)
Reseach of Doctor Program Ⅲ
  通年 未定 1~3 工学研究科博士後期課程材料創造工学専攻
講義題目 水準・分野 DP・提供部局
対象学生・
特定プログラムとの対応
 
 
  ABXT  
担当教員 授業形態 単位数 時間割コード
専攻長, 小柴 俊[Koshiba Shun] Lx 4 940404
DP・提供部局  
ABXT
 
授業形態  
Lx
 
関連授業科目  
 
履修推奨科目  
 
学習時間  
1年
 
授業の概要  
本講において、学生は各分野の教員から最先端の情報を取り入れ、各自が取り組むべき研究テーマの設定とその研究の社会的な位置づけ及び研究展開の方向性と方法について考究する。
 
授業の目的  
博士論文の研究テーマを設定し、その社会的意義を理解する上で必要とされる多角的な評価能力及び研究計画の立案・遂行に必要とされる能力を養う。
 
到達目標  
博士論文の研究を遂行し、論文としてまとめ、発表する上で必要とされる能力及び個人が行うシーズ研究・萌芽的研究をチームとしてのプロジェクト研究に立ち上げていく上で必要とされる能力を育成する。
 
学習・教育到達目標(工学部JABEE基準)  
 
成績評価の方法と基準  
研究室のゼミや研究報告会等の学習・研究活動、学会発表、投稿論文等を総合的に評価する。
 
授業計画並びに授業及び学習の方法  
指導教員の指導の下で学習計画、研究活動計画を作成する。
定期的に指導教員に学習内容、研究成果を報告し、指導を受ける。
積極的に関連分野の学会に参加し、研究発表を行う。
指導教員の指導の下で投稿論文を作成し、学術誌、査読付国際会議等に投稿する。
 
教科書・参考書等  
なし
 
オフィスアワー  
各研究室の指導教員に直接に問い合わせること。
 
履修上の注意・担当教員からのメッセージ  
自ら積極的に学習・研究課題に取り込むこと。
 
参照ホームページ  
 
メールアドレス  
 
↑ページの先頭へ戻る