タイトル

ナンバリングコード M2GNR-ABCT-2O-Lx2   科目ナンバリングについて
授業科目名 科目区分 時間割 対象年次及び学科
危機管理学     
Crisis Management
  前期 火6 1~ 工学研究科博士前期課程 
講義題目 水準・分野 DP・提供部局
対象学生・
特定プログラムとの対応
 
 
M2GNR ABCT 2O
担当教員 授業形態 単位数 時間割コード
白木 渡, 井面 仁志, 松本 秀應[Shiraki Wataru, Inomo Hitoshi] Lx 2 940170
DP・提供部局  
ABCT
 
授業形態  
Lx
 
関連授業科目  
 
履修推奨科目  
 
学習時間  
講義90分 × 15回 +自学自習
 
授業の概要  
本講義では、自然災害や人為的な事故等により国家、社会、組織、個人が致命的な状況に至ることを回避・予防し、万が一被災した場合にも被害を最小限に止めるために必要な計画、行動基準等の策定方法や被災事例を事前対策に反映する手法について学ぶ。
 
授業の目的  
危機管理(クライシスマネジメント)とは、危機を予防・回避し、災害に至った場合に損害を少なくするための措置をいい、これを実現するための学問を危機管理学という。ここでは危機管理のための基本的知識や手法を習得することを目的とする。
 
到達目標  
1.危機管理の基礎知識を習得するとともに危機管理の手法について理解する。
2.危機管理の実践事例を学ぶ。
 
学習・教育到達目標(工学部JABEE基準)  
 
成績評価の方法と基準  
各授業で提出を指示されたレポートの総得点(30点)と、最終課題の評点(70点)の合計点で評価する。
 
授業計画並びに授業及び学習の方法  
第1回:オリエンテーション/危機管理の枠組み
第2回:減災防災学概論
第3回:危機管理と法体系
第4回:大地の成り立ちから考える危機管理
第5回:災害事例と危機管理(1)- 自然災害と危機管理 -
第6回:災害事例と危機管理(2)- 環境災害と危機管理 -
第7回:災害事例と危機管理(3)- 医療災害と危機管理 -
第8回:災害事例と危機管理(4)- 産業災害と危機管理 -
第9回:民間企業の事業継続計画(BCP) 
第10回:地方自治体の業務継続計画(BCP)
第11回:災害時の教育継続計画(ECP) 
第12回:災害時のボランティア活動
第13回:社会福祉施設の業務継続計画(BCP)
第14回:災害後に起こる心身の変化と対応
第15回:地域継続計画(DCP)
第16回:課題発表とレポート提出
 
教科書・参考書等  
特に指定なし
 
オフィスアワー  
毎週火曜日12:10~12:50に工学部1号館10階井面教員室で受け付ける。電子メール(shiraki@eng.kagawa-u.ac.jp,inomo@eng.kagawa-u.ac.jp)では随時受け付ける。
 
履修上の注意・担当教員からのメッセージ  
講義では、必要事項をまとめたプリントを配布し、板書あるいはパワーポイント等を用いて説明する。適宜演習問題を取り入れ、理解を深めるように配慮する。また、講義中は、演習課題は、グループワークで作成する事が多い。
 
参照ホームページ  
 
メールアドレス  
 
↑ページの先頭へ戻る