タイトル

ナンバリングコード  
授業科目名 科目区分 時間割 対象年次及び学科
食品安全分析学特論    
Advanced Food Safety Analysis
  前期 未定 1~2 農学研究科 
講義題目 水準・分野 DP・提供部局
対象学生・
特定プログラムとの対応
 
食品安全分析学特論 Advanced Food Safety Analysis
     
担当教員 授業形態 単位数 時間割コード
田村 啓敏, 川村 理, 田淵 光昭[Tamura Hirotoshi, Kawamura Osamu, Tabuchi Mitsuaki]   1 960039
DP・提供部局  
2bceGA
 
授業形態  
 
関連授業科目  
 
履修推奨科目  
 
学習時間  
講義90分 × 7回 + 実習 × 1回 + 自学自習
7 times of lecture(90 minutes) + self-study
 
授業の概要  
 食品の農薬汚染などの程度を正確に把握することが、食の安全を確保するために必要である。そのため、まず、農薬の概要や化学物質のリスク評価法や日本における残留農薬の規制(ポジティブリスト制)を講義する。また、マイコトキシンの食品汚染とその分析法について講義する。一部機器を用いた実習も取り入れて教授する。さらに、食物アレルギーとその検出法についても講義する。
 It is necessary to grasp how much that is pesticide contamination of the food exactly to secure food safety. Therefore, at first, we will lecture in regulation (positive list system) of the pesticide residue in risk rating system and Japan of a summary and the chemical substance of the pesticide. In addition, we will lecture on the foods contamination of the mycotoxins and the analysis methods. Furthermore, we lecture on an analysis principle of LC/MS/MS and GC/MS to predict degree of the danger of a material threatening food safety, and to be able to perform dangerous evasion immediately. And you perform an instrumental analysis experiment. Furthermore, we will lecture on food allergy and the detection methods.
 
授業の目的  
 食品に混入する残留農薬やマイコトキシンなど概要を理解する。これら化学物質のリスク評価法を習得した上で、日本における残留農薬の規制(ポジティブリスト制)に対する理解を深める。また、講義と実習を通して、実際の残留農薬の分析法を理解する。さらに、食物アレルギーに関する知識も習得する。
 You understand a summary of the pesticide residue and the mycotoxin getting mixed with food. You deepen understanding for the regulation (positive list system) of the pesticide residue in Japan after having learned the risk rating system of these chemical substances. In addition, through a lecture and training, You understand an analysis of the real pesticide residue. Furthermore, You learn the knowledge about the food allergy.
 
到達目標  
1)食品に混入する化学物質のリスク評価法(ADIやTDIなど)を説明できる。
2)農薬の必要性と危険性の概要を説明できる。
3)日本における残留農薬の規制(ポジティブリスト制)を説明できる。
4)実際の残留農薬の分析法の概要を説明できる。
5)食物アレルギーとのその検出の概要を説明できる。
1) You can explain risk rating system of a chemical substance contaminated with foods and LD50, ARfd, ADI and TDI.
2) You can explain the need of the pesticide and a summary of the risk.
3) You can explain regulation (positive list system) of the pesticide residue in Japan.
4) You can explain the summary of the analysis of the pesticide residue.
5) You can explain a summary of the food allergy and the analysis of the food allergy.
 
成績評価の方法と基準  
出席25%とレポート75%で評価する。
We will estimate it as 25% of attendance by 75% of reports.
 
授業計画並びに授業及び学習の方法  
プリントを配って、講義形式で7回行う。1日の実習も行う。

(1) 化学物質のリスク評価法 (川村) 
 食の安全性の基本的な考えかた,リスクアナリシス、毒性試験法とLD50、ARfD, ADI、TDIと発がん性物質の規制について
(2) 農薬概論 その必要性と選択毒性 (川村)
(3) 日本における残留農薬の現状と規制(ポジティブリスト制) (川村)
(4) マイコトキシンの食品の汚染とその分析法 (川村)
(5) 食物アレルギーとその検出法 (田淵)
(6) 残留農薬の分析法(1) (田村)抽出と前処理法
(7) 残留農薬の分析法(2)  (田村)  LC/MS/MSとGC/MS法
(8)  残留農薬の分析の実際(実習)  (田村)


We distribute a print and perform it in a lecture form seven times and perform the one-day experiment.

(1) Risk evaluation of the chemical substance (KAWAMURA)
 About the safe basic thought foods, risk analysis, toxicology testing, LD50, ARfD, ADI, TDI, and the regulation of the carcinogen
(2) Pesticide outline;The need and selective toxicity(KAWAMURA)
(3) The present conditions and regulation (positive list system) of the pesticide residue in Japan (KAWAMURA)
(4) The foods contamination of the mycotoxins and the analysis methods (KAWAMURA)
(5) Food allergy and the detection methods (TABUCHI)
(6) Analysis of the pesticide residue (1) (TAMURA) Extraction and previous treatment methods
(7) Analysis of the pesticide residue (2) (TAMURA) LC/MS/MS and GC/MS
(8) Analysis of the pesticide residue (Training) (TAMURA)
 
教科書・参考書等  
プリントを配布する。
I will distribute prints.
 
オフィスアワー  
講義終了後15分程度。
It is around 15 minutes after the lecture.
 
履修上の注意・担当教員からのメッセージ  
8月下旬〜9月に集中で開講します。掲示に注意して下さい。We will open the lecture in Aug. or Sep. Please be careful about notices.
 
参照ホームページ  
 
メールアドレス  
川村 理 kawamura@ag.kagawa-u.ac.jp
 
↑ページの先頭へ戻る