タイトル

ナンバリングコード  
授業科目名 科目区分 時間割 対象年次及び学科
食品衛生学特論    
Advanced Food Hygiene
  前期 水2 1~ 農学研究科 
講義題目 水準・分野 DP・提供部局
対象学生・
特定プログラムとの対応
 
食品衛生学特論 Advanced Food Hygienics
     
担当教員 授業形態 単位数 時間割コード
川村 理[Kawamura Osamu]   1 951745
DP・提供部局  
abcdGA
 
授業形態  
 
関連授業科目  
 
履修推奨科目  
 
学習時間  
講義90分 × 7回 + 自学自習 7 times of lecture(90 minutes) + self-study
 
授業の概要  
 食の安全は(1)フードセキュリティ(Food security食品安全保障)、(2)フードセーフティ(Food safety食品安全)、(3)フードディフェンス(Food defense食品防御) で構成される。学部であまり説明しなかったFood security食品安全保障とFood defense食品防御について、まず、講義をする。次に、微量有毒物質の長期摂取により起こる「がん」などの慢性中毒が問題となっている。微量食品汚染物質に有効な対策をとることが食品衛生上重要な課題となってきている。特論では、慢性中毒の原因の一つであるカビが産生する有毒物質(マイコトキシン)に焦点を絞り解説する。マイコトキシンの概要、生産菌、穀物や食品汚染とそのメカニズム、毒性、毒性データーから規制値の設定、リスクアセスメント、リスクマネージメントなどについて世界的動向を含め講義する。
 The food safety is comprised of (1) Food security, (2) Food safety, and (3) Food defense. At first, I will lecture on Food security and Food defense that I did not give many explanations about in the department. Then, it takes place by the long-term intake of a very small amount of toxic substance, and the chronic poisoning such as "cancers" becomes the problem. It becomes the important problem in food hygiene to take the measures that it is effective for a very small amount of food contamination material. In this lecture, I will lecture about the mycotoxins which are one of the causes of the chronic poisoning. I will lecture on the setting of the regulation level, risk assessment, risk management from a summary of the mycotoxins, production fungi, cereals and a food contamination and the mechanism, the toxicity, toxic data including a global trend.
 
授業の目的  
 (1)日本の食糧自給率は40%と低く、60%を海外からの輸入に頼っているので、食料の確保(Food security食品安全保障)は日本における重要な課題となっているので、食品安全保障に関わる事項を理解する。また、(2)冷凍食品農薬混入事件など食品に悪意を持って異物・毒物を混入させないための考え方と方法(Food defense食品防御)を理解する。さらに、(3)穀物の約30-40%はマイコトキシンに汚染されているとの報告があり、食品のマイコトキシン汚染は、食品衛生上重要な課題となってきている。そこで、主要なマイコトキシンに関する知識を深め、マイコトキシンを例とした毒性データーから規制値の設定方法を理解する。
これらの講義を通じて、(1)フードセキュリティ(Food security食品安全保障)、(2)フードセーフティ(Food safety食品安全)、(3)フードディフェンス(Food defense食品防御)を理解することを目的とする。
 (1)The Japanese self-sufficient rate of food is low with 40%. In other words, we depend on the import from the foreign countries for 60%. Thus, Food security becomes the important problem in Japan. So, you understand a matter about food security.(2)In addition, based on frozen food pesticide mixture cases, you understand way of thinking and method (Food defense) not to let an alien substance, poison get mixed with food with malice. (3) Furthermore, there is a report that approximately 30-40% of cereals are contaminated with mycotoxins, and, as for the mycotoxins contamination of the foods, it becomes an important problem in food hygiene. Therefore deepen knowledge about the main mycotoxins and understand the setting method of the regulation level from the toxic data which assumed mycotoxins an example. Through these lectures, it is intended to understand Food security, Food safety, and Food defense.
 
到達目標  
1)フードセキュリティ(Food security食品安全保障)、フードセーフティ(Food safety食品安全)、フードディフェンス(Food defense食品防御)をそれぞれ区別して説明できる。
You can distinguish Food security, Food safety, and Food defense each and can explain these.

2)主要なマイコトキシンの毒性、生産菌、主な汚染食品などについて説明できる。
You can explain the toxicity of the main mycotoxins, production funji, a main contaminated foods.

3)マイコトキシンの毒性データーから規制値を設定することができる。
You can set the regulation levels from toxic data of the mycotoxins.

 
成績評価の方法と基準  
出席50%とレポート50%で成績評価をする。
 
授業計画並びに授業及び学習の方法  
プリントを配布し、講義形式で行う。一部、グループワークも行う。

(1)はじめに 講義概要の説明など The explanation of the lecture summary.
(2)フードセキュリティ(Food security食品安全保障)とは? What is Food security?
(3)フードディフェンス(Food defense食品防御)とは? What is Food defense?
(4)〜(7)食品のカビ汚染と危害 Mold pollution and harm of the food
 1.概論 Outline
 2.規制値の設定方法 Setting of the regulation levels
 3. 食品マイコトキシンの食品汚染 各論
   Detailed exposition ; Food contamination with mycotoxins.
 4.まとめ Summary

 
教科書・参考書等  
教科書は使用しない。プリントを配布する。
参考図書 
食品の安全性評価と確認 一色賢司ら編 サイエンスフォーラム
食品のカビI 基礎編 食品のカビ汚染と危害 宇田川修一編 幸書房
食品安全性セミナー5 マイコトキシン 細貝・松本監修 中央法規
 
オフィスアワー  
月曜日〜金曜日 11:00〜16:00 川村研究室(4H4)
 
履修上の注意・担当教員からのメッセージ  
配布したプリントを読み予習して講義に望んで欲しい。
 
参照ホームページ  
 
メールアドレス  
kawamura@ag.kagawa-u.ac.jp
 
↑ページの先頭へ戻る