タイトル

ナンバリングコード  
授業科目名 科目区分 時間割 対象年次及び学科
食品物理化学特論    
Food Physical Chemistry
  後期 火2 1~ 農学研究科 
講義題目 水準・分野 DP・提供部局
対象学生・
特定プログラムとの対応
 
Food physics
     
担当教員 授業形態 単位数 時間割コード
合谷 祥一[Gotani Shoichi]   1 951735
DP・提供部局  
bcxA
 
授業形態  
 
関連授業科目  
 
履修推奨科目  
 
学習時間  
講義(セミナー形式を含む)90分 × 8回 + 自学自習
 
授業の概要  
様々な乳化法、エマルションのレオロジー的性質及び食品のおいしさについて解説する
Various emulsification method, rheological properties of emulsion and food taste are explained.
 
授業の目的  
食品は単糖類,NaCl等の低分子から脂質,さらにタンパク質や多糖類のような高分子まで複雑に混ざり合った混合物であり,それ自体がコロイド状態といえる.本講義ではコロイドの中で特にエマルションを取り上げ、乳化とレオロジー的性質について解説することにより、食品のおいしさとエマルションに関する知見を深めることを目的とする。本講義はDPのb、cに対応する。
Food is complex system, including small molecules (monosaccharide, fat, NaCl etc.) and large molecules (protein, polysaccharide etc). Food may be colloid system. I explain the various emulsification method and the rheological properties of emulsion because emulsion is a kind of colloid. The purpose of this lecture is to enhance scientific knowledge for emulsion in food system and taste of food.
 
到達目標  
様々な乳化に関する知見を得る.これに関して詳しい説明ができる、乳化食品のレオロジー的性質と食品のおいしさの関係について説明できる.
This lecture will allow students to explain emulsification and to explain the relation between the rheological properties of emulsion and the taste of food by enhancing the scientific knowledge of emulsion.
 
成績評価の方法と基準  
出席及びレポートで評価する
 
授業計画並びに授業及び学習の方法  
乳化、乳化安定性及び食品のレオロジー的性質とおいしさの関係についての授業を以下の様に進める
第1回 ガイダンス
第2〜4回 様々な乳化法とその原理
第5、6回 乳化の実際
第7回 乳化食品のレオロジー的性質
第8回 おいしさとはどのようなものか レオロジーとの関係はどのようなものか

1: Guidance for lecture
2-4: Various emulsification method and law for emulsification
5,6: Practice for emulsification
7: Rheological properties of food emulsion
8: The relation between the rheological properties and the taste of food

 
教科書・参考書等  
特になし
 
オフィスアワー  
 特に設けていない。予約の上で、随時受け付けている。
 
履修上の注意・担当教員からのメッセージ  
自学自習が基本であるので、受講生の自覚を求める
 
参照ホームページ  
 
メールアドレス  
gohtani@ag.kagawa-u.ac.jp
 
↑ページの先頭へ戻る