タイトル

ナンバリングコード  
授業科目名 科目区分 時間割 対象年次及び学科
微生物生理学特論    
Physiology of Microorganisms
  前期 月2 1~ 農学研究科 
講義題目 水準・分野 DP・提供部局
対象学生・
特定プログラムとの対応
 
微生物生理学特論 Microbial physiology
     
担当教員 授業形態 単位数 時間割コード
木村 義雄[Kimura Yoshio]   1 951620
DP・提供部局  
1abxGA
 
授業形態  
 
関連授業科目  
微生物遺伝学特論、応用微生物学特論
 
履修推奨科目  
 
学習時間  
講義(セミナー)90分 × 8回 + 自学自習
 
授業の概要  
現在、微生物のゲノム解析が進み、生育•生命維持に必要なタンパク質(酵素)や環境適応に関与する情報伝達機構、それに付随する応答機構などが急速に理解されはじめている。この授業では最初に微生物全般に関する基礎的な内容について講義をした後、微生物のなかの特に細菌に特化して細胞構造、代謝、進化、生命現象、有用物質などについて解説を行う。最後に演習形式により微生物に関する内容について種々の紹介を通して幅広い知識を得るとともに考察していく。
At first, I will give a lecture on fundamental microbiology, and then explain about cytoarchtecture, metabolism, evolution, life phenomenon, and useful materials. Also, participants have to do a presentation about microbiology.
 
授業の目的  
微生物の有する構造的特徴、生理的特徴、生命現象などの基礎的な内容を理解する(DPの専門知識・理解に対応)。また、微生物に関する具体的な事例を調査及び考察することで基礎から応用に至るまで幅広い知識を得ることを目的とする(DPの研究能力・応用力に対応)。
Understanding of structure, physiological characteristics, and life phenomenon of microorganisms. In addition, our objective is to get basic and application knowledge of microbiology.




 
到達目標  
1. 微生物に関する基礎的な内容を理解する。
2. 最近の微生物に関するトピックスや興味のある事項について知識を得ること。
3. 発表を通して、分りやすいプレゼン方法の習得、他の発表を聞いて適切な質問ができるようになる。
1. Understanding of fundamental microbiology.
2. Acquisition of information of topics in microbiology.
3. Acquisition of presentation skills.
 
成績評価の方法と基準  
発表及び討議内容をもとに総合的に判断する。
I joudge that comprehensively.
 
授業計画並びに授業及び学習の方法  
最初に授業を行った後、各人が微生物生理学に関して興味のあることを調べ、パワーポイント、レジメ等にまとめる。最後に発表及び討論を行う。
(1) 授業の概要説明
(2-4) 微生物生理学に関する授業
(5-8)各人による微生物生理学に関する調査、準備、発表、考察
(1) Explanation of this lecture.
(2-4) Lecture for microbial physiology.
(5-8) Presentation about microbial physiology.



 
教科書・参考書等  
特になし
 
オフィスアワー  
講義の終了後。
 
履修上の注意・担当教員からのメッセージ  
演習形式で行い、15分程度の発表を行ってもらいます。
 
参照ホームページ  
 
メールアドレス  
kimura@ag.kagawa-u.ac.jp
 
↑ページの先頭へ戻る