タイトル

ナンバリングコード  
授業科目名 科目区分 時間割 対象年次及び学科
植物細胞制御学特論    
Plant Cell Culture and Developmental Regulation
  後期 火2 1~ 農学研究科 
講義題目 水準・分野 DP・提供部局
対象学生・
特定プログラムとの対応
 
Plant cellular and developmental physiology in vitro
     
担当教員 授業形態 単位数 時間割コード
京 正晴[Kyo Masaharu]   1 951520
DP・提供部局  
2abcGA
 
授業形態  
 
関連授業科目  
 
履修推奨科目  
 
学習時間  
講義90分 × 7.5回 + 自学自習
 
授業の概要  
植物に見られる個体再生能力は生物学的に興味深い現象であるとともに、形質転換技術や個体繁殖技術の基盤として重要である。しかし、植物種によっては個体再生の誘導が困難な場合もあり、その能力の制御機構に関して我々の理解は未だ十分とは言えない。本講義では、植物細胞組織培養技術開発の歴史的経緯をたどりつつ、細胞の増殖や分化に関連した生理学的分子生物学的理解を深め、新たな制御技術について考究する。

This lecture deals with the history of plant cell culture and with some phenomena related to regeneration in vitro, for example, adventitious embryogenesis. Especially, embryogenesis of pollen and microspore will be talked in detail.

 
授業の目的  
植物に見られる個体再生能力は生物学的に興味深い現象であるとともに、形質転換技術や個体繁殖技術の基盤として重要である。しかし、植物種によっては個体再生の誘導が困難な場合もあり、その能力の制御機構に関して我々の理解は十分ではない。本講義では、植物細胞組織培養技術開発の歴史的経緯をたどりつつ、細胞の増殖や分化に関連した生理学的分子生物学的理解を深め、新たな制御技術について考究する。

This lecture deals with the history of plant cell culture and with some phenomena related to regeneration in vitro, for example, adventitious embryogenesis. Especially, embryogenesis of pollen and microspore will be talked in detail. The students attending this lecture will understand the history of plant cell culture and some topics related to plant regeneration.
 
到達目標  
植物の細胞-組織培養技術の歴史的経緯の概略を理解し、植物細胞の栄養要求性、植物の生殖-発生機構、植物ホルモンの作用機構、個体再生現象などについての基礎的事項について説明ができる。

The students attending this lecture will understand the history of plant cell culture and some topics related to plant regeneration.
 
成績評価の方法と基準  
授業ごとに出席点として小テストを課すとともに試験を行って評価する。
A semester test and short reports will be used to estimate your grade of this lecture.
 
授業計画並びに授業及び学習の方法  
配布プリントを配布し液晶プロジェクターで表示して教材とする。
第1回:歴史1:黎明〜標準培地 (1900-1960)
第2回:歴史2:現象の発見とその展開 (1960-1990)
第3回:遺伝子組換え技術の波及と組換え植物 
第4回:遺伝子発現制御技術とその展開
第5回:個体再生をもたらす遺伝子 (1)
第6回:個体再生をもたらす遺伝子 (2)
第7回:最近の研究例紹介
第8回:全体のまとめと理解度テスト

This lecture will be conducted using a projector and some handouts.

1: A history of plant cell and tissue culture 1 (1900-1960)
2: A history of plant cell and tissue culture 2 (1960-1990)
3: Agrobacteria and Transgenic plants 
4: Strategy for transcriptional control
5: Genes of which expression cause regeneration
6: Effects of auxin and cytokinin on cell division and morphogenesis
7: Recent topics about regeneration-related genes
8: Summary and achievement test
 
教科書・参考書等  
生物学辞典第5版(岩波書店 2013)、生物学辞典(東京化学同人 2010) 分子細胞生物学辞典(東京化学同人 2008)、植物バイオテクノロジー事典(朝倉書店)、テイツ/ザイガー編:植物生理学-発生学 第6版(講談社サイエンティフィック2017)
 
オフィスアワー  
2H3室 金曜3時限目
 
履修上の注意・担当教員からのメッセージ  
小テストでは前回の内容から用語や事柄について質問することもあるので適宜復習しておくこと。
 
参照ホームページ  
 
メールアドレス  
kyo@ag.kagawa-u.ac.jp
 
↑ページの先頭へ戻る