タイトル

ナンバリングコード  
授業科目名 科目区分 時間割 対象年次及び学科
植物ストレスシグナル学特論    
Plant Stress Signalings
  前期 水2 1~ 農学研究科 
講義題目 水準・分野 DP・提供部局
対象学生・
特定プログラムとの対応
 
Plant Stress and Immunity Signalings
     
担当教員 授業形態 単位数 時間割コード
市村 和也[Ichimura Kazuya]   1 951515
水準DPコード  
2abxGA
 
関連授業科目  
分子植物病理学特論、植物防衛応答学特論、植物細胞免疫学特論、植物ストレス応答学特論
 
履修推奨科目  
分子植物病理学特論、植物防衛応答学特論、植物細胞免疫学特論、植物ストレス応答学特論
 
学習時間  
講義90分 × 8回 + 自学自習
 
授業の概要  
病原菌感染を含めた植物のストレス応答には、環境刺激によって誘導されるシグナル伝達系が密接に関係している。本講義では、植物免疫を含む環境ストレスに関連した生理反応や植物ホルモン応答のシグナル伝達系を取り上げる。また、総説の輪読をおこない、随時解説を行いながら各研究領域を体系的に理解する。

Environmental stimulus-induced signalings including pathogen infection are closely related to plant biotic and abiotic stress responses. In this lecture, we learn about molecular mechanisms involved in plant immunity and abiotic stress responses. We also read review articles of plant immunity signaling in turn and learn about an important concept of environmental stress signal transduction toward systematic understanding of several research fields in plants.
 
授業の目的  
病原菌感染を含めた植物のストレス応答における広義のシグナル伝達は、さらに認識、細胞内シグナル伝達、下流の応答など少なくとも3つの要素に細分化される。これらは環境ストレスに限らず、植物ホルモン応答や環境要因、共生などにも当てはまる普遍的な概念である。本講義を通して植物のシグナル伝達の重要概念を理解するとともに、その特殊性と一般性についても学習する。本講義により植物におけるシグナル伝達の構成因子を列挙できるとともに、基本的なメカニズムについて説明ができるようになる。また、動物などと比較して、植物におけるシグナル伝達の特殊性と一般性について遺伝子レベルで説明が可能になる。以上より、各自が行っている課題研究の背景について理解が深まり、より主体的に研究を行うことができる。

Molecular responses to biotic and abiotic stresses can be divided into three processes, recognition, intracellular signal transduction and downstream responses. This basic concept is commonly applicable to many other molecular responses such as plant hormone and symbiosis. We aim to understand basic concept and the generality and specialty of signal transduction in plants through this lecture. This lecture provides basic skills which students enumerate important signaling component and explain those mechanisms. In addition, students are able to obtain skills for explaining the generality and specialty of signal transduction in plants compare to animals. By learning this lecture, students are able to understand their research background deeply and positively contribute to their scientific research.
 
到達目標  
1.植物における環境ストレスシグナル伝達の概念及び基本的なメカニズムを説明できる。
To obtain skills to explain basic concept and mechanism of environmental stress signal transduction in plants.

2.自身の行っている課題研究の背景、目的、方法について説明できる。
To obtain skills to explain research background, purpose and approach.
 
成績評価の方法と基準  
テストや出席や発表の内容などから総合的に判断する。
 
授業計画並びに授業及び学習の方法  
植物免疫の細胞内シグナル伝達の総説輪読を行うが、文中の重要概念を解説するため資料プリントを配布し、随時ホワイトボード等を使いながら説明する。

第1回:ガイダンス、序論の輪読と解説
第2回:パターン認識受容体による細胞外での病原体認識
第3回:BAK1の機能
第4回:病原菌エフェクターの働き
第5回:細菌のエフェクター、真核生物のエフェクター
第6回:細胞内のエフェクター認識、直接認識と間接認識
第7回:シグナル経路と下流の機能、まとめ
第8回:テスト
自主学習:講義までにあらかじめ予告範囲分の単語の意味を把握し、予習しておくこと。授業後は疑問の残る点については質問する、または参考書を調べるなどして次回までに理解しておくこと。

We in turn read review articles of plant immunity signaling. To better understand of important concept in the article, I hand out materials on the plant immunity signaling and do chalk talk to explain those issues.

1st lecture, guidance
2nd lecture, plasma membrane pathogen recognition by pattern recognition receptor
3rd lecture, function of BAK1
4th lecture, action of pathogen effectors
5th lecture, prokaryotic and eukaryotic effectors
6th lecture, intracellular direct or indirect effector recognition
7th lecture, signaling pathway and those downstream responses.
last, examination
 
教科書・参考書等  
Dodds, PN. and Rathjen, JP. Nature Reviews Genetics 11:539-548, 2010
 
オフィスアワー  
随時、面会を希望する場合はあらかじめメールなどでアポイントを取ることを勧める。
 
履修上の注意・担当教員からのメッセージ  
連絡事項やレポート課題をメールで周知するので、履修登者は各自の連絡用アドレスをメールでお知らせ下さい。
 
参照ホームページ  
 
メールアドレス  
kichimura@ag.kagawa-u.ac.jp
 
↑ページの先頭へ戻る