タイトル

ナンバリングコード  
授業科目名 科目区分 時間割 対象年次及び学科
機能分子化学特論    
Functional Molecular Chemistry
  後期 木2 1~ 農学研究科 
講義題目 水準・分野 DP・提供部局
対象学生・
特定プログラムとの対応
 
Advanced functional molecular chemistry
     
担当教員 授業形態 単位数 時間割コード
川浪 康弘, 栁田 亮[Kawanami Yasuhiro, Yanagita Ryo]   1 951435
水準DPコード  
2abcGA
 
関連授業科目  
天然物分析学特論
 
履修推奨科目  
天然有機化学特論、生物活性天然物化学特論
 
学習時間  
講義90分 × 8回 + 自学自習
 
授業の概要  
 生体を構成する有機化合物は、動物、植物、微生物などの生物に共通する必須の生合成・代謝系に関する一次代謝産物(タンパク質、糖質、脂質、核酸)と特定の生物に固有な二次代謝産物に分類される。人類は古来から生理活性を有する二次代謝産物を食品、香料、医薬品として利用してきた。近年これらの生理活性機能が標的タンパク質との相互作用として有機化学のレベルでしだいに明らかにされつつあり、一次代謝産物と同様に二次代謝産物も生物本来の生命機能に直結したものと考えられている。本特論では、香料、神経伝達物質、植物ホルモンなどの機能分子の構造と機能に焦点を当て、学部レベルの有機化学の復習もまじえながら、講義する。
Organic compounds are classified into primary metabolites which are common to animals, plants, and microorganisms and secondary metabolites which are peculiar to a certain living thing. Human beings have utilized natural products for various purposes, which include not only primary products such as proteins, carbohydrates, lipids, and nucleic acids, but also bioactive secondary metabolites as foods, fragrances, and medicinal drugs. Recent studies have revealed the interaction between the bioactive secondary metabolites and proteins at the atomic level. This class will focus on the structure and function of functional molecules including fragrances, neurotransmitters, and plant hormones.
 
授業の目的  
人類は古来から生理活性を有する二次代謝産物を食品、香料、医薬品として利用してきたが、近年これらの生理活性機能が標的タンパク質との相互作用として有機化学のレベルでしだいに明らかにされつつある。本特論で、香料、神経伝達物質、植物ホルモンなどの機能分子の構造と機能について学習することにより、これらの機能分子を有機化学的観点から理解できるようになる。
Human beings have utilized natural products for various purposes, which include not only primary products such as proteins, carbohydrates, lipids, and nucleic acids, but also bioactive secondary metabolites as foods, fragrances, and medicinal drugs. Recent studies have revealed the interaction between the bioactive secondary metabolites and proteins at the atomic level. Objective of this class is to understand the structure and function of functional molecules including fragrances, neurotransmitters, and plant hormones from the viewpoint of organic chemistry.
 
到達目標  
1)生理活性を有する二次代謝産物の分子構造から化学的性質を考えることができる.
2)様々な活性を有する機能分子の標的タンパク質について理解し、それらの生理活性発現の分子機構を説明できる。
1) Understanding the relationship between molecular structure of bioactive natural products and their chemical properties.
2) The knowledge of the target proteins of the bioactive molecules. Understanding of mechanism of action of those bioactive compounds on molecular level.
 
成績評価の方法と基準  
出席,授業への主体的な参加状況,レポートを総合的に評価する.
 
授業計画並びに授業及び学習の方法  
授業計画
1.ガイダンス
2.天然香料と立体化学
3.アミノ酸と神経伝達物質
4.アミノ酸と神経伝達物質
5.不飽和脂肪酸とプロスタグランジン
6.環状脂肪酸と植物ホルモン
7.天然発がんプロモーターの化学
8.天然発がんプロモーターを基にした創薬

1. Guidance
2. Natural flavors and their stereochemistry
3. Amino acids as neurotransmitter precursors I
4. Amino acids as neurotransmitter precursors II
5. Unsaturated fatty acids and prostaglandins
6. Cyclic fatty acids and plant hormones
7. The chemistry and biology of naturally-occurring tumor promoters
8. Tumor promoters as leads for drug development



授業方法

基本的に講義形式で行なうが,受講者の授業への主体的参加(質疑応答など)を重視する.




 
教科書・参考書等  
なし
 
オフィスアワー  
ガイダンスの際にアナウンスする
 
履修上の注意・担当教員からのメッセージ  
授業は一方的にならないよう、積極的に質問してください。また、教員からも適宜質問するので集中してほしい。
 
参照ホームページ  
www.ag.kagawa-u.ac.jp/kawanami/; www.ag.kagawa-u.ac.jp/charlesy/chembiollab/
 
メールアドレス  
kawanami@ag.kagawa-u.ac.jp; charlesy@ag.kagawa-u.ac.jp
 
↑ページの先頭へ戻る