タイトル

ナンバリングコード  
授業科目名 科目区分 時間割 対象年次及び学科
生物活性天然物化学特論    
Bioactive Natural Products Chemistry
  前期 金2 1~ 農学研究科 
講義題目 水準・分野 DP・提供部局
対象学生・
特定プログラムとの対応
 
 
     
担当教員 授業形態 単位数 時間割コード
佐藤 正資[Sato Masashi]   1 951420
DP・提供部局  
1abxGA
 
授業形態  
 
関連授業科目  
 
履修推奨科目  
 
学習時間  
講義90分 × 8回 + 自学自習
 
授業の概要  
この授業では1)天然物(天然有機化合物)とそれらの誘導体の生物活性(生理機能)と2)天然物からの医薬,農薬の開発について解説する。

This course will focus on:
1) biological activities (physiological functions) of natural products
and their derivatives,
2) drug- and pesticide development from natural products.
 
授業の目的  
医薬,農薬開発における天然物の重要性を理解する。

The purpose of this course is to understand the importance of natural products on the development of medicines and pesticides.
 
到達目標  
1.医薬,農薬として使用されている天然物とその誘導体について説明できる。
2.それらの生物活性物質の作用メカニズムについて説明できる。

The goals of this course:
1. Be able to explain natural products and their derivatives used as medicines and pesticides.
2. Be able to explain the mechanisms of action of these biologically active compounds.
 
成績評価の方法と基準  
レポート提出で評価する。

Grading will be decide based on attitude in class and short reports.
 
授業計画並びに授業及び学習の方法  
プリント、パワーポイント、板書を用いて授業を行う。
予習は必要ないが、プリント、適宜紹介する参考書、原著論文を読み、復習することが望ましい。

(1) 天然物と医薬(抗生物質)
(2) 天然物と医薬(抗ウイルス薬)
(3) 天然物と医薬(抗腫瘍薬)
(4) 天然物と医薬(コレステロール低下薬)
(5) 天然物と医薬(抗糖尿病薬)
(6) 天然物と農薬(ピレスロイド)
(7) 天然物と農薬(ネオニコチノイド)
(8) まとめ


(1) Natural products and medicines (antibiotics)
(2) Natural products and medicines(anti-viral drugs)
(3) Natural products and medicines(anti-cancer drugs)
(4) Natural products and medicines(cholesterol-lowering drugs)
(5) Natural products and medicines(anti-diadetic drugs)
(6) Natural products and pesticides(pyrethroids)
(7) Natural products and pesticides(neonicotinoids)
(8) Discussion
 
教科書・参考書等  
教科書はなし
 
オフィスアワー  
授業終了後に受け付ける。それ以外も随時、ただしメールで連絡をすること。
 
履修上の注意・担当教員からのメッセージ  
This course will be taught in Japanese. But the course materials are in English.
 
参照ホームページ  
 
メールアドレス  
sato@ag.kagawa-u.ac.jp
 
↑ページの先頭へ戻る