タイトル

ナンバリングコード  
授業科目名 科目区分 時間割 対象年次及び学科
園芸資源開発学特論    
Breeding of Horticultural Plants
  後期 木2 1~ 農学研究科 
講義題目 水準・分野 DP・提供部局
対象学生・
特定プログラムとの対応
 
Advanced horticultural breeding
     
担当教員 授業形態 単位数 時間割コード
髙村 武二郎[Takamura Takejiro]   1 951240
DP・提供部局  
2abxGA
 
授業形態  
 
関連授業科目  
 
履修推奨科目  
 
学習時間  
講義90分 × 7.5回 + 自学自習
 
授業の概要  
 園芸作物の遺伝資源を活用した品種改良技術および園芸作物の色の発現とその遺伝的改良について解説する.また,それらの知識を活用して,課題解決のための議論を行う.

 A lecture on the breeding technique by using genetic resources and improvement of color expression in horticultural crops is carried out. The project-based learning by using the knowledge obtained by this lecture is also carried out.
 
授業の目的  
 本講義の目的は,農学を修得した高度専門職業人として必要な園芸作物の品種改良に関する知見を理解する(DPの「専門知識・理解」 に対応)とともに,それらの知識を応用し,現状の園芸作物の品種開発における問題解決ができる能力を身につける(DPの「研究能力・応用力」に対応)ことである.

 The objective of this lecture is to acquire knowledge and problem solving abilities on horticultural plant breeding as an advanced professional who studies agricultural science.
 
到達目標  
1.遺伝資源を利用した園芸作物の品種改良に関する技術・知見を説明できる.
2.園芸作物の品種改良における現状の課題について,その対策を示すことができる.

1. The student who takes this lecture can acquire knowledge and skills on horticultural plant breeding and explain them.
2. The student who takes this lecture can indicate the solution of the present issues on horticultural plant breeding.
 
成績評価の方法と基準  
レポート(50%)とディスカッションでの発表・検討の内容(50%)で評価する
 
授業計画並びに授業及び学習の方法  
第1〜2回 品種と遺伝資源
第3〜4回 変異拡大の方法 
第5〜6回 色と色素の発現
第7〜8回 ディスカッション(Project-based learningの形式を取り入れる)

授業計画を見て,予習しておくとともに,項目ごとにレポートを課すので,講義内容を復習のうえ,レポートを作成すること.


1-2. Cultivar and genetic resources
3-4. Breeding technique by using genetic resources
5-6. Color and pigment
7-8. Project-based learning (Discussion)

The student who takes this lecture should prepare next lecture and have to submit the reports on each subject.
 
教科書・参考書等  
 講義に直接使用する教科書・参考書はない.
 理解を深めるため役に立つと思われるものに関しては,必要に応じて講義中に紹介する.
 
オフィスアワー  
 講義日の12:00-13:00.
 
履修上の注意・担当教員からのメッセージ  
 積極的な態度で講義に出席することを望みます.
 
参照ホームページ  
 
メールアドレス  
take@ag.kagawa-u.ac.jp
 
↑ページの先頭へ戻る