タイトル

ナンバリングコード  
授業科目名 科目区分 時間割 対象年次及び学科
花き園芸学特論    
Floriculture
  前期 水2 1~ 農学研究科 
講義題目 水準・分野 DP・提供部局
対象学生・
特定プログラムとの対応
 
Floriculture
     
担当教員 授業形態 単位数 時間割コード
深井 誠一[Fukai Seiichi]   1 951225
DP・提供部局  
2abxGA
 
授業形態  
 
関連授業科目  
 
履修推奨科目  
 
学習時間  
講義90分 × 8回 + 自学自習
 
授業の概要  
この講義では,花き生産に関わる幅広いトピックスについて解説し、その中で何をどのように研究すべきか議論する.はじめにわが国とアジアの花き生産について概観し,つぎに遺伝資源保存法,キク属植物,遠縁交雑,花色の発現,品質保持,遺伝子組換,花成,光質,未利用遺伝資源の利用について順次解説する.

Overview the current state of floriculture, and the subjects about preservation of plant genetic resources, wild chrysanthemums, genetic modification, flowering, hybridization, flower color, post harvest are explained.
 
授業の目的  
花き園芸の現況を理解すると共に花き園芸における遺伝資源の保存,開発,利用に関する課題を理解する.

Students understand important subjects on preservation, development and utilization of plant genetic resources in floriculture.
 
到達目標  
花き園芸の現況を理解し,花き園芸における遺伝資源の保存,開発,利用に関する諸課題について概要を解説できる.

Students understand the current state of floriculture, and can explain on important subjects on preservation, development and utilization of plant genetic resources in floriculture.
 
成績評価の方法と基準  
レポート
 
授業計画並びに授業及び学習の方法  
講議形式
1.わが国とアジアの花き生産
2.園芸植物の遺伝資源保存法
3.キク属遺伝資源の評価と利用
4.園芸植物の遺伝子組換え
5.花成究明の現段階
6.ユリの遠縁交雑
7.花色発現と環境
8.切り花の品質保持


1.Introduction & Flower production
2.Preservation of plant genetic resources in floriculture
3.Evaluation of wild chrysanthemums native to Japan
4.Recent advance on genetic modification in floriculture
5.Flowering physiology
6.Inter-specific hybridization in lily
7.Environmenttal factors affecting flower color expression
8.Post harvest of cut flowers
 
教科書・参考書等  
なし
 
オフィスアワー  
開講日の午後
 
履修上の注意・担当教員からのメッセージ  
講義形式で行うが,関連項目の自学自習が求められる.
 
参照ホームページ  
 
メールアドレス  
fukai@ag.kagawa-u.ac.jp
 
↑ページの先頭へ戻る