タイトル

ナンバリングコード  
授業科目名 科目区分 時間割 対象年次及び学科
作物生態生理学特論    
Advanced Crop Ecophysiology
  前期 水2 1~ 農学研究科 
講義題目 水準・分野 DP・提供部局
対象学生・
特定プログラムとの対応
 
 
     
担当教員 授業形態 単位数 時間割コード
豊田 正範[Toyota Masanori]   1 951116
DP・提供部局  
 
授業形態  
 
関連授業科目  
 
履修推奨科目  
 
学習時間  
講義90分 × 8回 + 自学自習
 
授業の概要  
作物収量の変遷と過去の収量向上の要因を概観しながら,作物収量の形成過程を,1) 作物の乾物生産力とその収穫部位への分配割合から解析する視点,2) 収量を幾つかの構成要素に分割し,各要素に関係する器官の形態形成過程を追跡調査する視点,の二つの視点から解析する手法を説明する.続いて,作物のさまざまな生態生理機能とその環境応答を収量の形成過程に関連づけて解説し,将来の収量ポテンシャル向上の可能性とその方向性を考察する.

This course provides a historical trend of crop yields and reviews ecophysiological factors responsible for increasing yield potential during the last century. Approaches for analyzing yield determination are illustrated: 1) ecophysiological viewpoint that deals with the dry matter production and its partitioning, and 2) morphological viewpoint that deals with the formation of yield components. The fundamental ecophysiological process and mechanisms associated with the yield determination, and its environmental responses are discussed. The possibility and strategies for further improvement of crop yield potential will be explored.
 
授業の目的  
作物の生態生理機能を収量の形成過程と関連づけて理解し,収量ポテンシャル向上の可能性とその方向性を考察できる.

To provide the students with knowledge of ecophysiological processes and mechanisms that associated with the yield determination of major crops. The students will possess a basis for explore the possibility and strategies for further improvement of crop yield potential.
 
到達目標  
作物の収量形成過程を生態生理学的視点から説明できる.

The student will be able to explain ecophysiological processes and mechanisms that associated with the yield determination of major crops.
 
成績評価の方法と基準  
出席状況とレポートを総合して評価する

Report and Attendance
 
授業計画並びに授業及び学習の方法  
講義形式で行う.

(1) 作物収量の変遷
(2) 収量形成過程の解析
(3) 生長と発育
(4) 収穫器官の形成
(5) 水環境
(6) 光環境と光合成
(7) 作物群落の構造と物質生産
(8) 収量ポテンシャル向上の生態生理

(1) Historical trends of crop yield
(2) Analysis of yield determination
(3) Growth and development
(4) Formation of yield components
(5) Water relations
(6) Light environment and photosynthesis
(7) Canopy structure and dry matter production
(8) Ecophysiological strategies for increasing yield potential
 
教科書・参考書等  
教科書は指定しない.参考書を適宜紹介する.
 
オフィスアワー  
講義日の16:00~17:30
 
履修上の注意・担当教員からのメッセージ  
特になし
 
参照ホームページ  
 
メールアドレス  
toyota@ag.kagawa-u.ac.jp
 
↑ページの先頭へ戻る