タイトル

ナンバリングコード  
授業科目名 科目区分 時間割 対象年次及び学科
食品関係法規    
 
コース専門科目 自由 前期 未定 3~4 農学部 
講義題目 水準・分野 DP・提供部局
対象学生・
特定プログラムとの対応
 
 
     
担当教員 授業形態 単位数 時間割コード
岡﨑 勝一郎[Okazaki Katsuichiro]   1 464630
DPコード  
bcdA
 
関連授業科目  
公衆衛生学
 
履修推奨科目  
食品微生物学、食品衛生学
 
学習時間  
講義90分 × 8回 + 自学自習
 
授業の概要  
飲食によって起こる衛生上の危害の発生を防止することを目的とする食品衛生法やその他の関係法規を考えながら学び理解する。
 
授業の目的  
食品関連営業者や従事者に課せられている重大な責務は、衛生的で安全な食品を提供することである。そのために、食品衛生の指標や食品関連営業者を対象とした食品衛生法とその関連法規を理解して身につけ、実践できることを目的とする。
 
到達目標  
1.食品衛生行政のしくみ、食品衛生と関連法規を説明することができる。
2.食品衛生管理に関する知識を関連づけることができる。
3.食品の安全性に関する科学的な考え方を述べることができる。
 
成績評価の方法と基準  
毎回のミニレポート70%, テスト30%
 
授業計画並びに授業及び学習の方法  
液晶プロジェクターを用いて講義形式で行う。プリントを配布する。

食品衛生法は11章79条から構成されており、各々について解説する。

第1回 食品衛生行政のしくみ、食品衛生法の第1章(総則,1-4条)
第2回 食品衛生法の第2章(食品及び添加物,5-14条)
第3回 食品衛生法の第3章(器具及び容器包装,15~18条)と
第4章(表示及び広告,19-20条)
第4回 食品衛生法の第5章(食本添加物公定書,21-24条)と
第6章(監視指導指針及び計画,24-20条)
第5回 食品衛生法の第7章(検査,25-30条)と第8章(登録検査機関,31-47条)
第6回 食品衛生法の第9章(営業,48-56条)と第10章(雑則,57-70条)
第7回 食品衛生法の第11章(罰則、関係法規,71-79条)、食品表示法
第8回 乳及び乳製品の成分規格等に関する法令、テスト
 
教科書・参考書等  
参考書:新食品衛生学概説(2017版)、医歯薬出版,2800円
 
オフィスアワー  
集中講義なので特に指定しないが、休み時間等適時質問を受け付けます。
 
履修上の注意・担当教員からのメッセージ  
毎回講義した内容をまとめるためにミニレポートを提出してもらうので、欠席しないように注意してくさい。
 
参照ホームページ  
 
メールアドレス  
okazaki@ag.kagawa-u.ac.jp
 
↑ページの先頭へ戻る