タイトル

ナンバリングコード  
授業科目名 科目区分 時間割 対象年次及び学科
果樹学    
 
コース専門科目 選択 後期 金2 2~4 農学部 
講義題目 水準・分野 DP・提供部局
対象学生・
特定プログラムとの対応
 
 
     
担当教員 授業形態 単位数 時間割コード
片岡 郁雄, 別府 賢治[Kataoka Ikuo, Betsupu Kenji]   2 464240
DPコード  
bcxA
 
関連授業科目  
 
履修推奨科目  
 
学習時間  
講義90分 × 15回 + 自学自習
 
授業の概要  
果樹生産の基礎となる環境条件、繁殖方法、結実管理、成熟のしくみ、土壌管理やせん定、遺伝子資源と品種改良などについて解説する。
 
授業の目的  
永年生作物である果樹の特徴を理解するとともに、生産技術の基礎となる生育環境、結実と成熟生理、繁殖法、品種改良などの基本的事項を理解できるようにする(DPの「知識・理解」に対応)。また、果樹栽培における現状の様々な課題を認識し、それらの解決策を提示できるようになる(DPの「問題解決・課題探求能力」に対応)。
 
到達目標  
1)果樹の特徴を理解し、樹体や果実の発育特性を説明できる。
2)果樹の栽培管理や繁殖に関する基礎技術の概要を説明できる。
3)果樹の遺伝資源の重要性と品種改良の意義を説明できる。
 
成績評価の方法と基準  
期末試験と出席、小テストを総合して評価する。
 
授業計画並びに授業及び学習の方法  
パワーポイントを使用し講義形式により行う。講義項目に関連する資料を配付する。各回の講義の前に前回の講義内容についての小テストを行う。配布資料,ノート,参考書を参考にして各自予習復習を行う。
1)果樹の種類と原産
2)世界と日本の果樹生産
3)果樹の生育と環境条件
4)苗の繁殖と植え付け
5)結果習性と花芽分化
6)受精による結実と単為結果
7)果実の発育
8)果実の成熟と成分の変化
9)土壌管理
10)整枝・せん定
11)果樹の品種改良
各項目について1~2回の講義を行う。
 
教科書・参考書等  
参考書:果樹園芸学,米森敬三編,朝倉書店 など
講義の最初に紹介する。
 
オフィスアワー  
講義実施日の16:30~17:30
 
履修上の注意・担当教員からのメッセージ  
特に無し
 
参照ホームページ  
 
メールアドレス  
kataoka@ag.kagawa-u.ac.jp
beppuk@ag.kagawa-u.ac.jp
 
↑ページの先頭へ戻る