タイトル

ナンバリングコード  
授業科目名 科目区分 時間割 対象年次及び学科
知プラe科目 大学の知の活用    
 
広範教養教育科目 後期 集中 1~ 全学共通科目 
講義題目 水準・分野 DP・提供部局
対象学生・
特定プログラムとの対応
 
大学の知の活用(Practical use of university's intellectual property)
     
担当教員 授業形態 単位数 時間割コード
織田 聡[Satoshi ORITA]   2 050201
DP・提供部局  
bceG
 
関連授業科目  
特になし
 
履修推奨科目  
特になし
 
学習時間  
授業(e-Learning)90分×15回+自学自習
 
授業の概要  
本講義では、大学の知の活用に必要な基礎知識を紹介した上で、四国地域における具体的な大学の知の活用に関する取り組みを紹介する。
 
授業の目的  
大学の知の活用に必要な基礎知識及び四国地域の大学の知の活用に関する取り組みを知ることにより、その必要性や大学と地域との関わりを理解(共通教育スタンダードの「21世紀社会の諸問題に対する探求能力」に対応)することを目的とする。
 
到達目標  
1.大学の知の活用に必要な基礎知識を理解する。
2.四国地域の大学の知の活用に関する取り組みを理解する。
3.大学の知の活用の必要性を実感する。
 
成績評価の方法と基準  
本授業はe-ラーニング形態です。各回で出題する小課題(100%)で成績評価をおこないます。ただし、各回の小課題提出回数が全体の2/3に満たない場合は成績を判定しません。
 
授業計画並びに授業及び学習の方法  
1. 井内健介准教授 ・ 徳島大学 「大学の知の活用の全体像」
2. 土居修身教授 ・ 愛媛大学 「大学の知の活用に必要な基礎知識①」
3. 土居修身教授 ・ 愛媛大学 「大学の知の活用に必要な基礎知識②」
4. 下方晃博特任助教 ・ 高知大学 「大学の知の活用に必要な基礎知識③」
5. 土居修身教授・ 愛媛大学 (宮川氏 ・ フューチャーベンチャーキャピタル株式会社) 「大学の知の活用に必要な基礎知識④」
6. 前田眞教授 ・ 愛媛大学 「大学の地域貢献」
7. 兼平重和特任教授 ・ 徳島大学 「四国地域における大学の知の活用に関する取組①」
8. 兼平重和特任教授 ・ 徳島大学 「四国地域における大学の知の活用に関する取組②」
9. 永冨太一准教授 ・ 香川大学 「文系領域の産学連携プロジェクト」 
10. 永冨太一准教授 ・ 香川大学 「コンソーシアムからの産学連携プロジェクト」
11. 石塚悟史准教授 ・ 高知大学 「高知大学における産学連携事例1」
12. 下方晃博特任助教 ・ 高知大学 「高知大学における産学連携事例2」
13. 藤井章夫客員教授 ・ 徳島大学 「(徳島の事例)怒りのブレークスルーより光のブレークスルーへ」
14. 織田聡教授 ・ 徳島大学 「バイオ・医薬分野の知的財産制度と産学連携①」
15. 織田聡教授 ・ 徳島大学 「バイオ・医薬分野の知的財産制度と産学連携②」

【授業時間外学習について】
講義後に関連する事項について復習する。

【e-Learning科目の履修登録に際して】
本講義はフルオンデマンドで実施されるため講義室での授業は行わない。また、科目によって受講制限をかける場合がある。なお、教務システム(ドリームキャンパス)の履修登録とは別にe-Learningシステム(LMS)の登録が必要なので、大学連携e-Learning教育支援センター四国ウェブページに掲載している履修登録の手続きをよく読んで、期限内に登録手続きを済ませること。期限内に登録を完了できなかった場合は履修を許可しない。
URL: http://chipla-e.itc.kagawa-u.ac.jp/index.html
 
教科書・参考書等  
特になし
 
オフィスアワー  
物理的に徳島大学への訪問は困難だと推測されますので、問い合わせはメールにて
徳島大学 研究支援・産学官連携センター 井内准教授
inai.kensuke(a)tokushima-u.ac.jp  ※(a) → @
香川大学 社会連携・知的財産センター 永冨准教授
     nagatomi(a)eng.kagawa-u.ac.jp  ※(a) → @
高知大学 地域連携推進センター・知的財産部門 下方特任助教
     a.shimokata(a)kochi-u.ac.jp  ※(a) → @
愛媛大学 社会連携推進機構・知的財産センター 土居教授
     doi.osami.mu(a)ehime-u.ac.jp  ※(a) → @
鳴門教育大学 知的財産室 宮本准教授
     Kmiyamot(a)naruto-u.ac.jp  ※(a) → @
 
履修上の注意・担当教員からのメッセージ  
この授業はe-ラーニングの形態でおこないます。基本的に,授業の進行は,皆さんの自主性に任せられます。皆さんは,計画的に学習を進めるよう注意してください(e-ラーニング形態は自由度が高い反面,多くの学生が,途中でリタイアしてしまうことが分かっています)。高度な自律性が求められることを理解した上で,本科目を履修するようにしてください。
 
参照ホームページ  
特になし
 
メールアドレス  
 
↑ページの先頭へ戻る