タイトル

ナンバリングコード  
授業科目名 科目区分 時間割 対象年次及び学科
知プラe科目 香川を学ぶ その2    
Culture and History of Kagawa second period
主題科目 4Q 集中 1~1 全学共通科目 
講義題目 水準・分野 DP・提供部局
対象学生・
特定プログラムとの対応
 
香川を学ぶ その2(Studies on Kagawa Region second period)
     
担当教員 授業形態 単位数 時間割コード
藤本 憲市, 林 敏浩[Kenichi FUJIMOTO, Hayashi Toshihiro]   1 0007092
DP・提供部局  
ebcG
 
関連授業科目  
香川を学ぶ その1
 
履修推奨科目  
特になし
 
学習時間  
授業(e-Learning)90分×8回+自学自習
 
授業の概要  
香川県に関することを多視的な側面から取り上げて講義する。具体的には,香川におけるまちづくりの事例,水問題,瀬戸内海,災害などに関する事柄を紹介する。
 
授業の目的  
香川県(讃岐)のまちづくり事例,水問題,瀬戸内海,災害に関する事柄など,香川県にまつわる社会活動及び環境に関する課題などを理解し,「地域」に関する知識や関心・意欲を高める(共通教育スタンダードの「地域に関する関心と理解力」に対応)ことができるようになることが本授業の目的である。
 
到達目標  
1. 地域社会の現状と課題に関心を持ち,自己と関連づけて理解することができる。
2. 香川県におけるまちづくり活動について説明できる。
3. 香川を含む瀬戸内地方における環境について説明できる。
 
成績評価の方法と基準  
小テスト7回(50点)+期末レポート(50点)により評価し,60点以上の評価により合格とする。ただし,小テストの提出回数が5回未満の場合は,期末レポートの提出資格を与えない。
 
授業計画並びに授業及び学習の方法  
【授業計画】 諸事情により授業内容は変更になる可能性があります。
1. ガイダンス(授業概要等),香川の国際協力団体によるラオスでの支援活動
2. まちづくりの事例
3. 香川の水を考える
4. 瀬戸内海と瀬戸内法
5. 里海を守り育てる人と法
6. ゲリラ豪雨等災害と避難のシミュレーション
7. 風水害と対策
8. 期末レポート

第1回目から第8回目までの受講はすべて,インターネットに接続できるパソコンからMoodleとよばれるLMS(Learning Management System)にアクセスしてe-Learningコンテンツを視聴する形態となる。動画コンテンツを視聴する際は,話のポイントをノートに書き取るなど主体的な学習態度を心がけること。その他受講方法の詳細については,ガイダンスを参照のこと。

各回の授業内容について理解を深めるため,インターネットや書籍等で適宜情報収集に努めること。e-Learningコンテンツの視聴確認も兼ねて,各回において知識定着度を判定するための小テストを課す。

【e-Learning科目の履修登録に際して】
本講義はフルオンデマンドで実施されるため講義室での授業は行わない。また、科目によって受講制限をかける場合がある。なお、教務システム(ドリームキャンパス)の履修登録とは別にe-Learningシステム(LMS)の登録が必要なので、大学連携e-Learning教育支援センター四国ウェブページに掲載している履修登録の手続きをよく読んで、期限内に登録手続きを済ませること。期限内に登録を完了できなかった場合は履修を許可しない。
URL: http://chipla-e.itc.kagawa-u.ac.jp/index.html
 
教科書・参考書等  
特になし
 
オフィスアワー  
オフィスアワーは設定しないので,電子メール(kgw01@cc.kagawa-u.ac.jp)を利用のこと。
 
履修上の注意・担当教員からのメッセージ  
本講義はフルオンデマンドで実施されるため講義室での授業は行わない。また,受講人数制限をかけるので,大学連携e-Learning教育支援センター四国ウェブページに掲載している履修登録の手続きをよく読んで,期限内に手続を済ませること。期限内に登録を完了できなかった場合は履修を許可しない。
URL: http://chipla-e.itc.kagawa-u.ac.jp/index.html
所属大学において本授業科目の履修が許可され,所定の期日までに履修登録及びMoodle上でのコース登録が完了していること。パソコンの基本的な使い方など,e-Learning教材を視聴するための知識と技術を有していること。平成28年度以前に「香川を学ぶ」を単位修得している場合は履修できない。
 
参照ホームページ  
大学連携e-Learning教育支援センター四国(知プラ)ホームページ
http://chipla-e.itc.kagawa-u.ac.jp/
 
メールアドレス  
kgw01@cc.kagawa-u.ac.jp
 
↑ページの先頭へ戻る