タイトル

ナンバリングコード  
授業科目名 科目区分 時間割 対象年次及び学科
知プラe科目 瀬戸内地域活性化政策 その1    
Setouchi regional vitalization policy first period
主題科目 3Q 集中 1~1 全学共通科目 
講義題目 水準・分野 DP・提供部局
対象学生・
特定プログラムとの対応
 
瀬戸内地域活性化政策 その1/Setouchi regional vitalization policy first period
     
担当教員 授業形態 単位数 時間割コード
清國 祐二[Kiyokuni Yuji]   1 0007061
DP・提供部局  
ecdG
 
授業形態  
 
関連授業科目  
特になし
 
履修推奨科目  
瀬戸内地域活性化政策 その2
 
学習時間  
授業(e-Learning)90分×8回+自学自習
 
授業の概要  
香川大学が瀬戸内地域の様々な活性化策に取り組む「瀬戸内地域活性化プロジェクト」を通じて、その背景となる課題と解決策を学び、地域活性化について考える機会を幅広く提供する。
 
授業の目的  
瀬戸内地域の活性化に関わる具体的なプロジェクトについて、そのプロジェクトを行う意義を考え、プロジェクトの具体策に係る検討を進めていくことで、地域活性化を進める方策を検討するための考察力を身につける。また、地域活性化政策の推進に関する行財政制度などの基本的な仕組みや、県内外の地域活性化に関する事例について学ぶ(共通教育スタンダードの「地域に関する関心と理解力」に対応)。
 
到達目標  
1.瀬戸内地域の活性化に関する課題と対応する政策の考え方について述べることができる。
2.身近な地域における地域活性化策の検討の仕方について述べることができる。
3.地域活性化の取り組み方について、様々な事例を挙げて説明することができる。
4.地域政策の推進に関する行財政制度などの基本的な仕組みについて説明することができる。
 
成績評価の方法と基準  
成績は、各回の小テスト60%、期末レポート40%で評価する。合計60%以上で合格とする。第1回から第7回までの小テストの未受験(未提出)回数が合計2回以上の受講生には、期末レポート提出資格を与えない。第1回から第7回までの小テストで合計60%の成績を収めていても、期末レポートを提出していない場合(レポート提出資格がない場合も含む)は不合格とする。
 
授業計画並びに授業及び学習の方法  
【授業スケジュール】
①ガイダンス
②瀬戸内地域活性化プロジェクト 概説1 背景と課題
③瀬戸内地域活性化プロジェクト 概説2 各プロジェクトの取組
④瀬戸内地域活性化プロジェクト 概説3 各プロジェクトの取組、様々な地域活性化策
⑤地方公共団体の組織と財政1
⑥地方公共団体の組織と財政2
⑦地方創生と地域活性化

※上記以外に期末レポートがありますので注意ください。

【授業及び学習の方法】
インターネットで配信されるeラーニング教材を、大学や自宅などで視聴したうえで学習する。視聴する際には、ノートへの書き取りなど,主体的な態度を心がけなければ,講義を理解することは不可能である。
各回には、講義映像、小テストなどのコンテンツを配置する。講義映像を視聴してから小テストを受験すること。小テストの受験可能期間は各回ごとに記載する。7回分の授業終了後、期限内に期末レポートを提出すること。

【授業時間外学習について】
各回の内容について、理解度を測るため,および出席確認のため、eラーニング教材に基づいた小テストを実施する。なお、適宜、インターネットや書籍等で情報収集に努めること。

【e-Learning科目の履修登録に際して】
本講義はフルオンデマンドで実施されるため講義室での授業は行わない。また、科目によって受講制限をかける場合がある。なお、教務システム(ドリームキャンパス)の履修登録とは別にe-Learningシステム(LMS)の登録が必要なので、大学連携e-Learning教育支援センター四国ウェブページに掲載している履修登録の手続きをよく読んで、期限内に登録手続きを済ませること。期限内に登録を完了できなかった場合は履修を許可しない。
URL: http://chipla-e.itc.kagawa-u.ac.jp/index.html
 
教科書・参考書等  
特になし
 
オフィスアワー  
木曜日と金曜日の12:00-13:00に生涯学習教育研究センター(研究交流棟6階)にて
e-mail:kiyokuni@cc.kagawa-u.ac.jp
 
履修上の注意・担当教員からのメッセージ  
本講義を履修する際には,各自でパソコンからMoodle(LMS)への登録が必要となる。大学連携e-Learning教育支援センター四国ウェブページに掲載している履修案内をよく読んで,期限内に登録を済ませること。期限内に登録を完了できなかった場合は履修を許可しない。平成28年度以前に「瀬戸内地域活性化政策」を単位修得している場合は履修できない。
 
参照ホームページ  
大学連携e-Learning教育支援センター四国(知プラ)ホームページ
http://chipla-e.itc.kagawa-u.ac.jp/
 
メールアドレス  
kiyokuni@cc.kagawa-u.ac.jp
 
↑ページの先頭へ戻る