タイトル

ナンバリングコード  
授業科目名 科目区分 時間割 対象年次及び学科
知プラe科目 現代科学と研究倫理    
Modern science and research integrity
主題科目 後期 集中 1~ 全学共通科目 
講義題目 水準・分野 DP・提供部局
対象学生・
特定プログラムとの対応
 
現代科学と研究倫理(Modern science and research integrity)
     
担当教員 授業形態 単位数 時間割コード
金西 計英[Kazuhide KANENISHI]   2 000408
DP・提供部局  
bcdG
 
関連授業科目  
特になし
 
履修推奨科目  
特になし
 
学習時間  
授業(e-Learning)90分×15回+自学自習
 
授業の概要  
本授業では、現代社会における科学技術に目を向けることから始める。現在の生活は、科学技術の成果によって成り立つことから、研究とは何かについて考える。現代の研究は、多岐にわたることから、多様な研究分野に触れ、いろいろな研究フィールドに内在する倫理上の問題を、具体的な事例に基づき考える。また、企業との関わりについても触れる。
 
授業の目的  
科学技術の発展は、我々の生活に恩恵をもたらした。一方、研究が細分化、専門化されることで、研究を身近に感じることが難しくなってきた。その結果、研究に起因する問題が発生し、大きな社会問題となる危険性を孕んでいる。我々自身がそうした問題に巻き込まれるかも知れない。我々は、研究とは何か、研究とは誰のためにおこなうのかといった問題から始め、研究者の倫理とは何か、社会にとって研究はどうあるべきか、といった問題を自らの問題として考える(共通教育スタンダードの「21世紀社会の諸問題に対する探求能力」に対応)必要がある。この授業を通して、大学でおこなわれている研究についての理解を深め、
研究の倫理について目を向け、自覚を持つことを目的とする。
 
到達目標  
学生が大学でおこなわれている研究について理解を深めることができる。
研究の倫理について目を向け、自覚を持つことができる。
 
成績評価の方法と基準  
期末に最終課題としてレポートを課します。また、各授業回において小テスト等の課題が課せられます(小課題)。単にビデオを視聴するだけではなく、各回の小課題を必ずこなしてください。小課題には締め切りが設定されています。締め切りを守ってください。小課題が6回以上未提出の場合は、成績判定の対象として扱いません。成績は、最終課題と各回の課題とを総合的に評価します。
 
授業計画並びに授業及び学習の方法  
①金西 計英・大学院総合科学研究部「研究倫理の進め方」(ガイダンス)
②石田 三千夫・大学院総合科学研究部「現代社会における科学技術」
③齊藤 隆仁・大学院総合科学研究部「研究と不正行為」
④佐藤 高則・大学院理工学研究部「生命科学系の研究と倫理」
⑤楊河 宏章・大学院医歯薬学研究部「臨床(医療系)研究と倫理」
⑥山本 真由美・大学院総合科学研究部「心理学系の研究と倫理」
⑦内藤 直樹・大学院総合科学研究部「社会科学系の研究と倫理」
⑧山中 英生・大学院理工学研究部「工学系の研究と倫理Ⅰ」
⑨山中 英生・大学院理工学研究部「工学系の研究と倫理Ⅱ」
⑩松本 高広・大学院医歯薬学研究部「動物を扱う研究と倫理」
⑪勢井 宏義・大学院医歯薬学研究部「研究ノートとデータ管理の実践」
⑫金西 計英・大学院総合科学研究部「出版の倫理と論文」
⑬織田 聡・大学院理工学研究部「知的財産権」
⑭織田 聡・大学院理工学研究部「企業と研究倫理」
⑮石田 三千夫・大学院総合科学研究部「科学技術と倫理」
⑯定期試験(レポート)

【e-Learning科目の履修登録に際して】
本講義はフルオンデマンドで実施されるため講義室での授業は行わない。また、科目によって受講制限をかける場合がある。なお、教務システム(ドリームキャンパス)の履修登録とは別にe-Learningシステム(LMS)の登録が必要なので、大学連携e-Learning教育支援センター四国ウェブページに掲載している履修登録の手続きをよく読んで、期限内に登録手続きを済ませること。期限内に登録を完了できなかった場合は履修を許可しない。
URL: http://chipla-e.itc.kagawa-u.ac.jp/index.html
 
教科書・参考書等  
教科書1 書名 「科学の健全な発展のために-誠実な科学者の心得」
著者名 『日本学術振興会「科学の健全な発展のために」編集委員会(編)』
出版社 丸善出版 出版年 2015
 
オフィスアワー  
電子メール(marukin(a)cue.tokushima-u.ac.jp  ※(a)→@)で問い合わせること。
 
履修上の注意・担当教員からのメッセージ  
特になし
 
参照ホームページ  
特になし
 
メールアドレス  
marukin@cue.tokushima-u.ac.jp
 
↑ページの先頭へ戻る