タイトル

ナンバリングコード  
授業科目名 科目区分 時間割 対象年次及び学科
知プラe科目 大学教育を考える    
Thinking on University Education
主題科目 後期 集中 1~ 全学共通科目 
講義題目 水準・分野 DP・提供部局
対象学生・
特定プログラムとの対応
 
大学教育を考える(Thinking on University Education)
     
担当教員 授業形態 単位数 時間割コード
吉田 博[Hiroshi YOSHIDA]   2 000306
DP・提供部局  
bcxG
 
関連授業科目  
特になし
 
履修推奨科目  
特になし
 
学習時間  
授業(e-Learning)90分×15回+自学自習
 
授業の概要  
大学教育に関する14のトピックについて、関連する知識を得るとともに、各トピックに関連する問題点を考えることが本授業の目的です。
 
授業の目的  
大学で能動的に学習を行う上で、大学と社会との繋がりや関わり、そして大学で学ぶことの意義について整理し、再考する必要があると考えます。そこで、現在の大学教育におけるさまざまな課題を、世界の動向、日本の高等教育政策の動向を踏まえつつ理解することで、自身の学習・研究とどのように向き合うべきかを考え、能動的に学習していくためのきっかけを掴みます。(共通教育スタンダードの「21世紀社会の諸問題に対する探求能力」に対応)
 
到達目標  
1.日本の大学教育の現状(背景・課題)を説明することができる
2.大学教育に関する課題について自らの意見を持つことができる
3.自身の大学生活を振り返り、残りの学生生活をどのように送るのが良いかを考えるきっかけを掴むことができる
 
成績評価の方法と基準  
毎回のクイズ(15点)、毎回の小レポート・他者へのコメント・コメントに対する返信(45点)、
期末レポート(40点)
※成績評価を行うための条件として、毎回のクイズを10点以上、毎回の小レポート・他者へのコメント・コメントに対する返信を30点以上獲得していることとする。
※課題提出回数が全体の2/3に満たない場合は成績判定しない。
 
授業計画並びに授業及び学習の方法  
1.ガイダンス,大学生へのメッセージ (吉田・久保田)
2.大学生が4年間で身につける力とはなにか:学士力を考える (久保田)
3.単位制度とはなにか:大学のカリキュラムを考える (久保田)
4.初年次教育はなぜ必要か:その役割を考える (吉田)
5.教養教育はなぜ必要か:その役割を考える (久保田)
6.大学生は学んでいるか:大学生の学習時間を考える (吉田)
7.学生の学びを促進する授業とはなにか:アクティブ・ラーニングを考える (吉田)
8.大学図書館が教育には果たす役割とはなにか:図書館の学習支援を考える (吉田)
9.大学における学生支援とはなにか:正課外の学びを考える (吉田)
10.成績評価とはなにか:公正な評価に向けた課題を考える (久保田)
11.授業評価アンケートの果たす役割とはなにか:大学の教育改善を考える (久保田)
12.大学教員に必要な学びとはなにか:FDを考える (吉田)
13.大学を取り巻く動向を考える:①国内外の高等教育政策の動向 (久保田)
14.大学を取り巻く動向を考える:②障害学生に対する支援 (久保田)
15.大学を取り巻く動向を考える:③大学教育におけるジェンダー (久保田)
16.定期試験(レポート)
 ※担当講師: 吉田 博 (徳島大学総合教育センター)
            久保田祐歌 (三重大学地域人材教育開発機構)

【e-Learning科目の履修登録に際して】
本講義はフルオンデマンドで実施されるため講義室での授業は行わない。また、科目によって受講制限をかける場合がある。なお、教務システム(ドリームキャンパス)の履修登録とは別にe-Learningシステム(LMS)の登録が必要なので、大学連携e-Learning教育支援センター四国ウェブページに掲載している履修登録の手続きをよく読んで、期限内に登録手続きを済ませること。期限内に登録を完了できなかった場合は履修を許可しない。
URL: http://chipla-e.itc.kagawa-u.ac.jp/index.html
 
教科書・参考書等  
特になし
 
オフィスアワー  
電子メール(hiroshi-yoshida@tokushima-u.ac.jp)で問い合わせてください。
 
履修上の注意・担当教員からのメッセージ  
本講義はフルオンデマンドで実施されるため講義室での授業は行わない。また,受講制限をかけるので,大学連携e-Learning教育支援センター四国ウェブページに掲載している履修登録の手続きをよく読んで,期限内に手続を済ませること。期限内に登録を完了できなかった場合は履修を許可しない。
URL: http://chipla-e.itc.kagawa-u.ac.jp/index.html
 
参照ホームページ  
大学連携e-Learning教育支援センター四国(知プラ)ホームページ
http://chipla-e.itc.kagawa-u.ac.jp/
 
メールアドレス  
hiroshi-yoshida@tokushima-u.ac.jp
 
↑ページの先頭へ戻る