タイトル

ナンバリングコード  
授業科目名 科目区分 時間割 対象年次及び学科
知プラe科目 日本におけるドイツ兵捕虜1914-1920 ―四国の収容所を中心に― (Focusing on Camps in Shikoku)    
German Prisoners of the War in Japan 1914-1920 (Focusing on Camps in Shikoku)
主題科目 後期 集中 1~ 全学共通科目 
講義題目 水準・分野 DP・提供部局
対象学生・
特定プログラムとの対応
 
日本におけるドイツ兵捕虜1914-1920(―四国の収容所を中心に―) / German Prisoners of the War in Japan 1914-1920(Focusing on Camps in Shikoku)
     
担当教員 授業形態 単位数 時間割コード
井戸 慶治[Keiji IDO]   2 000106
DP・提供部局  
cexG
 
関連授業科目  
特になし
 
履修推奨科目  
特になし
 
学習時間  
授業(e-Learning)90分×15回+自学自習
 
授業の概要  
第一次世界大戦における日本の青島攻略により、ドイツ兵などの捕虜約5000人が日本各地に抑留された。とりわけ徳島県にあった板東俘虜収容所では、捕虜たちの文化上・経済上の諸活動や地元住民との交流がさかんにおこなわれ、彼らによってベートーヴェンの第九交響曲全曲が日本ではじめて演奏された。この講義では、当時の日本各地の収容所―特に四国の収容所―における捕虜の活動や日本側の対応などについて、最近発見された資料なども用いてさまざまな事実を紹介する。また、これについて、日独交流史や捕虜待遇の歴史というより広いコンテキストの中で、多面的な考察の視点を提供したい。そのため、時として担当教員以外の先生にも講義やインタビューによるお話をしていただいたり、関連の場所を訪れたりする。
 
授業の目的  
第一次世界大戦時の在日ドイツ兵捕虜の活動や日本人との交流について知り、捕虜とその収容という状況を手掛かりに、戦争や国際文化交流について考察(共通教育スタンダードの「21世紀社会の諸問題に対する探求能力」に対応)のきっかけとする。
 
到達目標  
1.人口に膾炙した「伝説」によるのではなく、客観的な事実や資料に即して、ドイツ兵捕虜の諸活動や日本側の対応について正確な知識を得る。
2.当時の日本による捕虜待遇や捕虜に関わる日独文化交流を、より広い共時的、通時的なコンテキストの中で位置づける。
3.レポート提出を通じて、学術的文章の書き方の基礎を身につける。
 
成績評価の方法と基準  
小レポートの合計が6割、最終レポートが4割の配点で評価する。合格点に達しない場合、レポートの書き直しを指示する。
 
授業計画並びに授業及び学習の方法  
1.導入。板東を訪れる。
2.日独交流史概略。幕末から第一次世界大戦まで。
3.ドイツによる租借地青島の経営と日本軍の青島攻略。
4.九州の収容所(久留米、福岡、熊本、大分)
5.中国・近畿の収容所(姫路、青野原、似島、大阪)
6.関東・東海の収容所(名古屋、静岡、東京、習志野)
7.松山収容所。日清・日露戦争の捕虜も松山に。所長はカナブン?
8.丸亀収容所。音楽活動と盛況の展覧会。
9.徳島収容所。収容所新聞『トクシマ・アンツァイガー』
10.板東収容所(1)。収容所新聞『ディ・バラッケ』。活発な音楽活動。
11.板東収容所(2)。美術工芸展覧会。スポーツと遠足。
12.日本に関わった元捕虜。ボーネルとマイスナー。
13.帰国の経緯と船内新聞『帰国航』。交流の復活。
14.捕虜待遇の歴史(世界と日本)
15.捕虜待遇の歴史(捕虜と「武士道」)
16.定期試験(レポート)

各授業のビデオを見て、1)内容の自分なりのまとめ、2)感想ないし考察、3)質問、をA4一枚程度で書いてシステムで送付すること。質問については、特にない場合は書かなくてもよい。以上毎回の授業に関する小レポートに加えて、授業で扱った事柄のひとつをテーマに選んで、2000字以上で最終レポートを提出してもらう。執筆時の留意点については、「履修上の注意・担当教員からのメッセージ」の欄を参照のこと。

【e-Learning科目の履修登録に際して】
本講義はフルオンデマンドで実施されるため講義室での授業は行わない。また、科目によって受講制限をかける場合がある。なお、教務システム(ドリームキャンパス)の履修登録とは別にe-Learningシステム(LMS)の登録が必要なので、大学連携e-Learning教育支援センター四国ウェブページに掲載している履修登録の手続きをよく読んで、期限内に登録手続きを済ませること。期限内に登録を完了できなかった場合は履修を許可しない。
URL: http://chipla-e.itc.kagawa-u.ac.jp/index.html
 
教科書・参考書等  
教科書1 書名 『青島から来た兵士たち―第一次大戦とドイツ兵俘虜の実像』
I S B N 4-8102-0450-2 著者名 瀬戸武彦
出版社 同学社 出版年 2006年

参考書1 書名 『どこにいようと、そこがドイツだ』
I S B N 著者名 田村一郎(編著)
出版社 鳴門市ドイツ館 出版年 2006年(第3版)

参考書2 書名 『ディ・バラッケ』(1-4巻)
I S B N 著者名 鳴門市ドイツ館史料研究会訳・編集
出版社 鳴門市ドイツ館 出版年 1998年―2007年

参考書3 書名 CD「トクシマ・アンツァイガー ―徳島俘虜収容所新聞―」
I S B N 著者名 ドイツ館史料研究会訳・編集
出版社 鳴門市ドイツ館 出版年 2012年

参考書4 書名 板東俘虜収容所
I S B N 著者名 冨田弘
出版社 法政大学出版局 出版年 1991年、(新装版)2006年

Webテキスト:「チンタオ・ドイツ兵俘虜研究会」ホームページhttp://homepage3.nifty.com/akagaki/
 
オフィスアワー  
徳島大学総合科学部1号館北棟1階 e-mail: ido.keiji@tokushima-u.ac.jp
メイルでの連絡は、moodle内部からも教員名をクリックしてできる。また、面談を希望する場合は、事前にメイルにてアポイントメントを取ること。
 
履修上の注意・担当教員からのメッセージ  
e-learningの利点を生かし、フィールドでのビデオや写真などの画像を多く取り入れた。また、双方向性の確保のため、質問への回答やレポートへのコメントなども適宜おこなう。
レポート執筆のさいには次の点に留意すること。1)参考文献その他の資料からの引用や要約については出典や引用箇所を明示し、文献などの意見や情報を自分の意見やみずから調べた情報のように書かないこと。コピペやそれに類する行為が判明した場合は厳しく対処する。2)得た知識の羅列にとどまらず自分の意見も述べる必要があるが、そのさい根拠や具体例を挙げて客観的な説得力を持たせるように努めること。情緒的でなく論理的な文章をめざすこと。3)特に最終レポートについては、できれば二つ以上の文献や資料を参照すること。また、広いテーマを選んでしまうと、概論的なものになって執筆者の独自性が感じられないものになりがちであるから、限定されたテーマを扱う方がよい。
 
参照ホームページ  
特になし
 
メールアドレス  
ido.keiji@tokushima-u.ac.jp
 
↑ページの先頭へ戻る